■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが大好きです。

 今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。

 日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

 そして「漢越語辞典」を発行することが夢です。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
久しぶりの読書(ベトナム不動産投資)
金曜日に参加した、不動産投資セミナーでもらった本、
読んでみると、おもしろい。

ほん101
土日で、カフェで読書 ・・・・・・→ 全部読み終わりました。

久しぶりに日本の本を入手したので、一気に読みました。
この本おもしろい。

いろいろと、「突っ込みどころ」も満載でした。

実際にベトナムに住んでいると、
「ベトナム人は勤勉でまじめ」などと書いてあるので、
そうじゃないだろう、と感じる部分が多々ありました。

全体を通して、
・ 2015年7月に外国人に不動産購入が解禁され、これから不動産価格がうなぎ上り。
・ 地震もなく、災害の少ない国。安定した政治と治安・・・。
・ 物価は日本の「ほぼ5分の1」。

まあ、人それぞれ。自分で考えましょう。
リスクもしっかりと考えたうえで。

役に立った情報をちょっと残しておくと、

<ベトナムの不動産の購入、日本と違う部分>

①デポジットが1億ドン
②7日以内に頭金10~20%
③本契約書にサイン。
契約書が英語とベトナム語で40ページあるが、全てのページにパスポートと同じサイン。→合計80回も名前を書く
 
契約書は6冊あるので、80回×6冊=480回サインする
齋藤 さんだと、1回かくだけでも大変なのに、480回も書くと思うと、気が遠くrなる。
腱鞘炎になりそう。
日本に住んでいる人は、このためにベトナムに来なければならない。

④物件の完成前に全額支払いを完了させる。物件が完成するまでに1年~2年待つ。

⑤建物完成の2ヵ月前にスケルトン状態で内覧チェック。
(素人、そのうえベトナム語もわからない日本人が、チェックできるのか?。見てもわからない。)

⑥鍵の引き渡し。
   ↓
⑦内装工事を自分で発注。

こんな感じで、自分の印象としては、

うー、面倒くさい。お金を払ってから、完成まで2年も待って
そのあと、内覧チェックで合格だしたら、自分で内装工事を発注。
ベトナムの内装工事店など、どこも知らないので、きっと不動産会社にいいようにカモにされる。
壁紙は、照明は、家具は・・・。発注できないだろう。ベトナム語わからないと・・・。


工事が予定通りに終わるとは、思えないし・・・・、
工事遅れたら、あとの内装工事もスケジュール調整。
すべて終わり、利回り8%というが、簡単に借主が見つかるとも思えないし、家賃を払わないベトナム人もいそう。

借りてくれる人を探すのを、不動産会社に頼むと費用も発生するだろう。
契約書のベトナム語から日本語への翻訳も、お金がとられそう。
賃貸に出すと、部屋が汚れる。自分のものでないから、借主は部屋を乱暴に扱う・・・・・

ベトナムはまだ高層マンションの経験がないから、エレベーターのメンテナンス等、ちゃんとやるか疑問、
新築当時はいいが、5年もすると、共有部分に問題でたら、誰が修繕するのかなあ、
言葉のわからない外国人が、外国に住んでいて、管理組合など参加できるわけがない。

まあ、不動産価格は将来的にはあがるだろうけど、
一獲千金を狙う気はないので、銀行の定期預金6~7%で十分かな。

建設中のマンション群 
まんしょん102
1区からも、建設中のマンションがサイゴン川の向こう側によく見えます


<選択1>
不動産を2000万円で買う。

<選択2>
2000万円を年7%の金利で銀行に預けて、140万円/年、金利収入を得る。
為替には注意。

いろいろと選択肢があって、ベトナムはおもしろい

ふね201
フェリーに乗って、サイゴン川を・・・

ふね01
このフェリー、対岸まで「1000ドン=5円」です。歩きの場合。
オートバイは2万ドンでした。
(でも、このフェリーは1区ではありません。 NHA BE です。)


本に書いてあって、おもしろかったこと、同感な部分、それは違うという部分・・・

①物価が安く、平均すると日本の「5分の1程度」です(日本食を除く)。

たしかに物価やすいが、5分の1は、誤解をあたえるのでは・・・・。
ローカルは安いが、ベトナムで、「月10万円」の資金があったら、
日本での「月50万円」の生活ができるかというと、ちょっと無理だろう。

②フランス統治時代が長かったために、パンとコーヒーが美味しく、しかも安い(50円~100円)

バインミーは、おいしい。
コーヒーは、好き嫌いもあるが、カフェスダは病みつきになる。

しかし、「50円~100円」は、ちがう。
路上の持ち帰りは、1万5千ドンくらいだが、冷房の効いた室内で飲むと、4万ドン、5万ドンする。

日本人の性格として、コーヒーはカフェで飲むイメージだから、50円でカフェで飲めると誤解する。

勤勉な国民性安定した政治と治安、英語が通じて明るい人柄、日本語の通じる病院がたくさんある、
不動産登記がきちんとできる国、・・・・・・

これらを聞いたら、ベトナム人喜びます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪ 
(「ベトナム情報」と、「ホーチミン情報」に、按分して参加しています。)    
スポンサーサイト


♪ホーチミン市での生活 | 23:26:55 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad