FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
日本語能力試験
日本語の能力を図る物差しとして、「日本語能力試験」があります。

今度、その試験会場で、日本人観察員ボランティアすることに、なりました。

これは、日本を含め世界65カ国・地域で実施しており、
日本語を母語としない人を対象とした日本語の試験としては最も受験者の多い試験です。

最上級のN1から最下級のN5まで5段階のレベルがあります。
日本の企業の就職する場合、「N2」以上を要求されることが多く、
大学の日本語学科で勉強している生徒は、N2,N1の合格を目指しています。

日本語学科の友人も、N2の勉強していて、7月の試験で、無事に合格しました。
N2は、「エヌツー」ではなく、「エヌに」と読みます。日本語ですので。

<参考書>
日本語11
ベトナム人の使っている参考書

日本語12
この本はわかりやすいと、友人のおすすめ。

この試験は、一部の受験地を除き、7月上旬と12月上旬の年2回試験が実施されており、
次回は「12月6日(日)」に実施されます。

先日、大学の掲示板に、
「日本語能力試験の日本人観察員のボランティア募集」の張り紙があった。

試験の当日、問題用紙を配ったり、カンニングしている受験生がいないか
観察するボランティア。

自分も応募し、今日、その説明会に行ってきた。
予想以上に受験する人が多かった。

<試験概要>

ホーチミン市内での会場の受験者数は、
2014年7月 ・・・8,142人
2014年12月・・・11,011人
2015年7月 ・・・12,131人
2015年12月・・・13,866人

毎回受験者が増えている。
12月6日(日)の試験は、13866人も受ける。

ホーチミン市内では、受験会場は9カ所、400教室で実施です。

今回集まった、「日本人観察員ボランティア」は、34人でした。
その34人が、9試験会場に分かれて、従事します。
1会場に日本人観察員3名~4名くらい。

自分が当たった会場は、市内で一番はずれにある「THU DUC区」にある試験会場。
バスで40~50分くらいかかりそうです。

当日は、朝6時にはアパートを出ないと、間に合わない会場でした。
(もっと中心部がよかった・・・。)

ボランティアの34人は、ほとんどが日本語学校の日本語教師でした。
自分のようなフリーのボランティアは、まれ。

でも、ベトナム人の日本語の勉強状況や、
日本語能力試験の実態がわかって、おもしろそうです。


<公式Web 日本語能力試験>
   ↓
日本語能力試験公式Web
http://www.jlpt.jp/index.html

※注意
紛らわしい名前に「日本語教育能力検定試験」があります。
これは、「日本語教育を行う専門家として基礎的水準に達しているかを検定する試験」、
日本語教師の能力を図る試験です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪ 
(「ベトナム情報」と、「ホーチミン情報」に、按分して参加しています。)
スポンサーサイト





♪ホーチミン市での生活 | 16:23:25 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する