FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
フエでごはん(コムヘン・バインコワイ)
ベトナム料理の中でも、「フエ料理」は、人気が高い。ホーチミン市にも、たくさんの「フエ料理」の店がある。

でも、「フエでなければ食べられないフエ料理」がある。それがこれ。コムヘン。

 Cơm hến コムヘン  
コムヘン1
店がなかなか見つからず、シクロにのって、店を教えてもらった。
(5年前に来た時、ものすごくおいしいコムヘンの店があった。それがここ。)

コムヘン2
これが、「コムヘン」。シジミごはん。

シジミのほか、刻んだきゅうり、香草、ゴマ、ピーナッツなどが載っている。
それを、よく混ぜて、シジミ汁をかけて食べる。
        ↓
この「シジミ汁」が、フエでしか味わえない。
ホーチミン市のフエ料理店では、この店のシジミ汁がない。

コムヘン3

これが、完成。ものすごくおいしい。日本のお茶漬けに似ている。
シジミ汁が混ぜたごはんにすごくマッチして、ピーナツのカリカリ感がいいアクセントになっている。

フエに来て、一番食べたい料理がこのコムヘン。
朝食に食べるものなので、夜コムヘンを探してもないので参考までに。

この店のコムヘンは、1杯2万ドン=110円。お財布にやさしいです。


Banh ○○  名前がわからない 
バイン1
以前、名前教えてもらったことがあるのだが、忘れてしまった。
見た目は、生春巻きに似ているが、全然違う。
周りの皮が、バインウットを蒸しただけのものに似ている。

フエでは、「蒸しただけ」の素材の味を大切にした料理がたくさんある。

バイン2
市場の中で食べたのだが、ほかにもたくさんフエの名物があった。
今日はまだ初日なので、一つだけにして、楽しみは明日に残した。


  Bánh khoái バインコワイ  
バインコワイ1
南部の「バインセオ」によく似ている。

バインセオよりも小さい。そして、カリカリとしている。

 CHE TRAI CAY チェ チャイカイ   
チェ01
チェーは、ホーチミン市でもたくさんある。
ハスの実のチェが好きで、しょっちゅう食べに行っているが、「フルーツのチェー」が、めずらしい。

チェ02
これが「チェー チャイカイ」。おいしい。

これを食べてみて、似たのがホーチミン市でもあるなあと考えていたら、「dam」とかの名前で、氷の中にもっと小さくカットしたフルーツが入っているのがある。
ホーチミン市に戻ったら、違いをよく見てみよう。
スポンサーサイト





15ホイアン・フエ旅行 | 22:21:45 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する