FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
ヨーロッパ旅行計画 (鉄道の旅)準備
ベトナムでの生活も、もうすぐ1年になる。
まだ、日本で仕事をしていた時、2つの夢を持っていた。

➀ ベトナムへ移住する。
② ヨーロッパを、鉄道でゆっくりと旅する。


本当は、「世界一周旅行」も考えたのだが、
期間は少なくても、1年はとりたい。
でも、一気に行くと、途中でだれてしまいそう。

それで、「ヨーロッパ一周」をし、
その後、ベトナムを拠点に、近隣国をまわることにした。
ゆっくりと、時間をかけて。

1は、夢が実現しています。
ベトナムでの生活が楽しくて、外国旅行に行こうという気持ちがわかなかったが、
2の、ヨーロッパ旅行に行きたくなった。

というのも、「旅には季節が大切」。
特にヨーロッパは、夏と冬では楽しみが全然違います。

夏のヨーロッパは、大好き。日が長くて夕方も楽しめる。
でも、一番いいのは、「6月」。

7月と8月は、夏のバカンスシーズンで、ヨーロッパの観光地はすごく混む。
ホテルも値段が高くなっている。予約も取りにくい。

それで、旅慣れている人のおすすめは、
「まだ観光客が混んでなく、寒くもなく、日照時間も長い6月。
ホテルも取りやすいし、指定席の列車も乗りやすい。」


それで、「6月から7月に、1月半くらい、ヨーロッパに行く計画」を建てています。

5月に姪の結婚式で日本に帰国するので、その時、ヨーロッパ鉄道時刻表や、
ヨーロッパのガイドブックを日本で購入し、ユーレイルパス(鉄道パス)を購入し、
6月から行こうかなと。

ちょうど、学校も区切りがよくて、休みやすいし、
日本語を教えている子も、ケーキ店オープンで勉強は中断するし。

ヨーロッパは大好きで、今まで10回くらい行ったことがあるが、
仕事の休みを利用してなので、10日から2週間が最長。
それで、行き残したところを、のんびりとまわってみることにした。

   もう一度訪ねてみたい街
プラハ(チェコ)
チェコのプラハ。ものすごくきれいな街。街中が美術館のようです。

ニース(フランス)
フランスのニース。夏はヨーロッパじゅうから避暑客が押し寄せます。
この写真は、冬に行った時のなので、空いています。

アムステルダム(オランダ)
オランダのアムステルダム。
水車もいいが、まち中の運河沿いの道が気持ちいい。

フィヨルド(ノルウェー)
ノルウェー。車窓がきれいです。6月は白夜が見られそう。

ウイーン(オーストリア)
オーストリアのウィーン。芸術の都です。隣のザルツブルクも素敵です。

リスボン(ポルトガル)
ポルトガルのリスボン。街がとにかくきれい。そして、「イワシの炭火焼」がものすごくおいしかった。

今までのように、時間の制約がないので、ルート作りも楽しいです。
旅は心を豊かにしてくれます。

6月1日から7月10日頃までの、40日を一つの目安に、
予算も含めて、これから「ヨーロッパ鉄道の旅」の準備です。

<プラン1>
・トルコのイスタンブールから入り、東欧や地中海を西に行き、
 フランスのパリから、ベトナムに戻る。

<プラン2>
・スペインから入り、北に向かい、ノルウェーを目指す。
北欧は物価が高いから、きっとベトナムの10倍くらいするだろう。

とりあえず、「IN」の空港と、「OUT」の空港を決めて、
エアーさえ押さえれば、鉄道パスを使って、寄り道しながらゴールを目指す
ゆるい旅を。

「ベトナムでごはん」が、6月は、「ヨーロッパでごはん」として、アップできそうです。
スポンサーサイト





15ヨーロッパ旅行 | 01:45:40 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する