FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
市場の秤(はかり)には、細工がしてあります
昨日は、アンドン市場にナッツを買いに行きました。

はかり111
ナッツはどこの市場でも大体売っているが、観光地のベンタン市場よりもローカル市場のほうが値段が安いので、アンドン市場で時々買います。

はかり112
1kg 40万ドンのように、1kgあたりいくらで販売なので、その場で袋に詰めながら重さを測ります。
でも、この秤があやしい・・・。

重く表示がされるように細工がしてあると、よく聞きます。。
(500gなのに、600gと表示されるように。)


はかり113
昨日は、ナッツを2種類購入。
1kgは多いので、500gずつ2種類購入。

秤がちゃんと500gになっているのを、確認しました。
(デジタルではなく、針の秤が圧倒的に多い。ごまかしやすい。)


ナッツ2種類、500gと500g
はかり121
家に帰って、重さを測ってみました。
体重計にそのままのせても反応しないので、自分の体重を測って、そのあとナッツを両手で持って測って、その差でわかります。
500g+500g=1000gを購入したので、1kg増えるのが当たり前。

自宅の体重計は、100g単位のデジタル (71.2kgのように、表示。)。
結果は、服を着た状態、風呂に入る前、風呂から出た後、
計3回測っても、すべて900gの差しかありません。

アンドン市場のナッツ屋の秤は、
900gでも1000gと表示がされるように、してあるみたいです。

しかも、包装用の袋が厚いビニールで重さもある。
丈夫でいいなあと思っていたが、この重さも含めて900g。

今までは話では聞いていたが、あまり気にしていませんでした。
でも、やはり細工がしてありました。


でも、だからといって怒るのではなく、ベトナムでは、1kg○○ドンとなっていても、実際には、900gで○○ドンだろうなあと思えばいいのです。


< 追記 ベトナム人はお金大好き >

今日、56番のバスに乗っていたら、おもしろいものを発見しました。

ばす311
バスの手すりです。
別に、手すり自体が珍しいのではありません。

ばす312
手すりが、ベトナムのお金です。
500ドン札がはさんであります。


ばす313
見た感じ、本物です。
ベトナム人は、お金に興味があるというか、執着心があるというか、お金が大好きです。
普段はおとなしいおばちゃんも、お金が絡むと豹変して大声で怒鳴ります。

手すりにお金をつけることで、「お金を手につかむ」という意味があるのかも。
500ドン札は日常生活では使わないが、スーパーとかで買い物するとたまにおつりで渡されます。

このお金、本物に見えました。
お金を手づかみ、すごくわかりやすくていいです。

  にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ    にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ    にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ  
   ☆ ☆ にほんブログ村  ⇔ ランキングに参加中 ☆ ☆ 
           ↑    ↑    ↑
 あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
( ホーチミン情報 ・ ベトナム語 ・ ベトナム情報 どれか興味のあるボタンを押してください。)
  
スポンサーサイト





♪ホーチミン市での生活 | 09:59:34 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する