FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
「お寿司パーティー」は「たこ焼き」に
今日は、「お寿司パーティー」。
朝8時半に待ち合わせ。早い。
日本語学科の生徒4人が来ていた。

みんなで、アパートの近くの市場に行ったが、
ここはベトナム。
ベトナムの地元の市場に、「日本のお寿司のネタ」があるわけない。

・お寿司はにおわないのに、何でここの魚はにおうのですか。
・サーモンが食べたいけど、生きたさけはいないのですか。
・泳いでいるお魚が、刺身の形になるのを、見てみたい。
・スマホを見て、「このタイが食べたい」。


<結論>
・市場で「マグロ」「タイ」「ホタテ」「エビ」「サーモン」のネタを仕入れるのは、無理。

そのあと、近所で一番大きいスーパーに行った。
・ここにも、食材なし。
・冷凍のサーモンが5切れ。これでは役にたたない。

氷の上で冷凍されている魚を見て、
「この魚、死んでいるから食べられませんよね」。


日本食レストランで、「お寿司ランチ」も考えたが、
学生には、15万ドンは贅沢。

「お寿司パーティー」は、次回にして、他の日本食を考えた。
結果、「たこ焼き」。


以前、おいしいたこ焼きを発見して、何度か食べに行った。
そこに、学生を連れて行き、「たこ焼きパーティー」に予定変更。

「たこ焼き」は「たこ焼き」で楽しかった。
初めて食べた子もいて、大喜び。
スポンサーサイト





♪ホーチミン市での生活 | 22:54:43 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する