FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
ベトナムの歴史(概要)
ベトナム語の勉強をしていますが、ベトナムの文化と歴史も知りたい。
ホーチミン市は商業のまち、ハノイは歴史と文化のまちと、よく言われます。

23日(水)から、ハノイに遊びに行くので、土日でベトナムの歴史を勉強中です。

ちず
ハノイ旅行、歴史博物館等にも行き、ベトナム語の説明を解読したい。

ハノイで歴史を学ぶための基礎知識として、概略を整理しました。
(ベトナム戦争については、今までわからなかった部分を整理。)


ベトナムの歴史1 
(中国の支配~ベトナム王朝の出現)


前8000年ごろ 東南アジアにホアビン文化が広がる
40年   ハイ・バー・チュン(徴姉妹の反乱)
938年  ゴ・クエン(呉権)が漢軍を破り、中国から独立
1009年 リー・タイ・トー(李太祖)による李朝の成立(~1225年)
1802年 グエン王朝(阮朝)の成立(~1945年)。フエを首都とする。

<ホアビン文化>
①東南アジア完新世(沖積世)初頭、中石器時代または前期新石器時代とされる文化。
②ベトナム、ハノイ南西のホアビンHoa-binh省(現ハソンビン省)の石灰岩山地で1920年代に数十か所の遺跡の発掘を行ったフランスのコラニM. Colaniが明らかにした文化

<ハイ・バー・チュン(徴姉妹の反乱)>
①ハイ・バー・チュン(徴姉妹)は、中国の後漢王朝の支配に抵抗し、ベトナム初の王朝を築いた姉妹。
②現在でもベトナムでは民族的英雄で、現在のハノイ市やホーチミン市には「ハイ・バー・チュン通り」という名前の通りがある。

<リー・タイ・トー(李太祖)>





ベトナムの歴史2 (ベトナム戦争)
1945年9月2日 ホーチミンによるベトナム民主共和国独立宣言
1954年 ジュネーブ協定により、北緯17度線を軍事境界線に南北分離
1960年 南ベトナム解放民族戦線が結成され、南ベトナム政府軍に対する武力攻撃を開始(12月)
1964年 トンキン湾事件。アメリカによる北爆開始。アメリカ軍の本格的参戦。
1968年 テト攻撃。ソンミ村事件
1973年 パリ和平協定調印。アメリカ軍撤退。
1975年 4月30日、サイゴン陥落。ベトナム戦争終結。
(注1)ベトナム戦争は宣戦布告が行われなかったため、戦争がいつ開始されたかについては諸説ある。 1960年~1975年。

①1945年9月2日、ハノイのバーデン広場で、ホーチミンがベトナム民主共和国の独立を宣言。
(南部には、フランスがまだいる。抗仏戦争)

②1954年7月、ジュネーブ協定で、ベトナムは北緯17度線を軍事境界線に、北のベトナム民主共和国と南のベトナム共和国に分裂する。

③ジュネーブ協定以降、フランスは撤退し、アメリカがやってくる。ジュネーブ協定で約束された2年後の南北統一選挙を、アメリカと南のベトナム共和国は拒否する。

④1960年、南ベトナム解放民族戦線が結成される、(北ベトナムが、南ベトナムを武力で取り返すために作った軍隊。)  解放民族戦線が南ベトナム政府軍に武力攻撃を始める。
※越南共産(ベトナムコンサン)を略した、ベトコン(越共)と通称されることも多い 
         ↑
   これが、ベトナム戦争のはじまり?

⑤1963年、クーデターが起こり、南ベトナムの政権が不安定になる。

⑥1964年8月、アメリカはトンキン湾事件をでっちあげ、北ベトナム爆撃を開始。
 (注:トンキン湾事件=1964年8月にベトナム北部のトンキン湾で、アメリカの駆逐艦が北ベトナムの魚雷戦の攻撃を受けたとジョンソン大統領が発表。その報復で北爆を行い、アメリカのベトナム戦争への本格介入がはじまる。しかし、このトンキン湾での事件はアメリカのでっちあげであることが、1970年に判明した。)

⑦1964年から、アメリカはベトナムに地上戦闘部隊を投入。最大時に55万人(1969年)の軍を南ベトナムに投入。
・中国とソ連の支援を受けた「南ベトナム解放民族戦線」には、北ベトナムからホーチミンルートを通じて物資が輸送され、ゲリラ戦でアメリカに抵抗。・・・・戦争は、泥沼化していく。

⑧1968年1月のテト攻撃で、南ベトナムの各地で、北の解放民族戦線による一斉攻撃が展開され、アメリカは枯葉剤などの化学兵器を投入 → → → 世界から非難され、米国内での反戦運動も高まる。ベトちゃんドクちゃんのように先天性障害の子供が生まれた。

⑨1968年、平和会談に入り、アメリカは北爆の停止を決定
⑩1969年、アメリカ軍の撤退が始まる。6月に南ベトナム臨時革命政府が樹立。
⑪1972年、アメリカ軍が北爆を再開
⑫1973年1月、パリで和平協定の調印。3月にアメリカ軍は撤退 → これは、戦争終結ではなく、南ベトナムは戦争継続

⑬アメリカは撤退した後も、南ベトナムに武器等を支援。
北ベトナムが反攻にでて、メコンデルタなどを徐々に手中にしていき、南ベトナムは自滅状態。
1975年4月30日、サイゴン陥落。ベトナム戦争の終了

※ベトナム戦争は、外からの名称で、ベトナムでは、「抗米救国戦争」。

・事実上は、北ベトナムが南ベトナムを武力制圧するという形で終結した。
・アメリカが、「1国が共産化すると、アジア全体も共産化してしまうという「ドミノ理論」をもとに、南ベトナムへの介入を強化したが、北ベトナムと南ベトナムとの闘いというように、同一民族の戦争にさせられた。
 → ソ連とアメリカ、社会主義と自由主義の戦いを、ベトナムの国土でされてしまった。代理戦争ともいわれる。ベトナムが一番の被害者。

※第一次インドシナ戦争(1945年~1954年)=フランスからの独立のための戦い
※第二次インドシナ戦争(1960年~1975年)=ベトナム戦争、

※サイゴンの人間は、1954年から1975年までの21年間は、社会主義ではなく資本主義の国に生きた。
ベトナム戦争に負けて、社会主義になり、北の人間が偉そうにやってきたと反感を持っている人がいる。
4月30日は南部解放記念日、南北統一のめでたい日といっているが、南から見ると、北に負けて社会主義にさせられた、めでたくない日
 
            ↓
サイゴンにいると、資本主義社会の時の資産家は、財産=個人資産を北の社会主義国の役人に没収されてしまうので、お金をもってボートピープルとして外国へ逃げた。)
土地や家は持ちだせないから、お金やゴールド等、手で持てるものには限りがあっただろう・・・。

(注)ボートピープルは、財産を持った資産家だけでなく、迫害を受ける南ベトナム政府関係者や、資産のない人も生活が困窮して、難民として外国へ渡りました。



かふぇ11
ちょっと、ひと休み。 キウイのシントーが、冷たくておいしい。


ベトナムの歴史3 (ドイモイと現在のベトナム)

1976年 ベトナム社会主義共和国樹立
1986年 第6回党大会。ドイモイ政策の公式採用。
1995年 東南アジア諸国連合(ASEAN)への正式加入。
1998年 アジア太平洋経済協力会議(APEC)への正式加入
2007年 世界貿易機関(WTO)への正式加入

1976年7月 「ベトナム社会主義共和国」として、統一


更新、修正の途中


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)  
 
スポンサーサイト





17ハノイ旅行 | 12:45:25 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する