■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが大好きです。

 今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。

 日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

 そして「漢越語辞典」を発行することが夢です。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
台湾旅行7 (鼎泰豊で、小籠包)
しょう100
台湾料理で有名なのが、「小籠包」
まずは、おいしいのを食べてみたい。
台北の小籠包で、必ず名前がでるのが、「鼎泰豊(ディンタイフォン)

食べてきました。おいしかったです。

台北101店 
しょう111
2日目が、朝から雨が降っていたので、台北101に遊びに行ったら、鼎泰豊(ディンタイフォン)がありました。

人気店で並ぶと聞いていたが、平日の昼間、天気は雨で、混んでいません。
待たずに入れそうだったので、初小籠包を食べに入りました。

しょう113
有名店だから、もっと高級な店かなと予想していたが、すごくカジュアルな店つくり。
一人客でも、気楽に入れる店です。

注文 
しょう115
注文は、メニュー見て、オーダー表に記入するので、わかりやすい。
3つくらい注文したいとき、メニューのページがあると、指で挟んで、これとこれとこれと、結構めんどうくさい。

紙があると、前菜、メイン、スープとか、考えることができるのでいい。

メニュー 
しょう121
メニューは、日本語併記でわかりやすい。

しょう131
まずは、誰もが注文する「小籠包」。
5個で105台湾元
10個で、210台湾元。
今日は、これを食べに来たので、「10個」注文です。

しょう141
ここは、エビチャーハンもおいしいと聞くので、注文。

しょう142
選んだのは、これ。「エビチャーハン」。 →白米か、玄米、選べるので、玄米で注文。
230台湾元。

しょう152
スープも何かほしい。

しょう153
トマトと豆腐の野菜スープ。これ、すごくおいしそう。

 実 食 
しょう211
料理を注文して、台湾ビールを飲みながら、待ちます。

しょう311
小籠包をつけるタレは、店員さんが作ってくれました。

小籠包 
しょう312
小籠包が届きました。
ガイドブックには、「小籠包のひだは18枚、皮は5g、あんは16gという独自のレシピを厳格に守り、つねに究極の熟練技が堪能できる」とか、うんちくが書いてあるが、要はうまいか、うまくないか。

しょう313
ここの小籠包は、確かにおいしい。
でも、ほかにもおいしい小籠包は、ある。

しょう314
小籠包は、薄い皮と、肉汁が命。
210台湾元も出したら、ほかの店でもおいしい小籠包は食べられる、というか、
もっと安くても、同じレベルの小籠包は食べれるというのが、感想。

エビチャーハン 
しょう321
白米ではなく、玄米でつくったエビチャーハン。うまい。

トマト・豆腐入り野菜卵スープ 
しょう322
これがおいしかった。
トマトのスープは、ベトナムではカインチュアで一般的だが、ここの野菜卵スープはやさしい味がしておいしい。

しょう323
おいしくいただきました。

会計 
しょう400
会計は、全部で、「781台湾ドル」 。 3000円オーバーです。
一人でかなり、豪華なお値段です。

でも、この味と値段を知ったうえで、ほかの店も食べ比べできたのでよかったです。

しょう450
食事を終えて店を出ると、たくさんの人が順番待ちしていました。
やっぱり、人気店です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)  
  
スポンサーサイト


17台湾旅行(台北) | 16:49:39 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad