■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが大好きです。

 今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。

 日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

 そして「漢越語辞典」を発行することが夢です。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
ビンヤン食堂で、ごはん
昨日の昼は、2回目の訪問の店に。
ここは、前回イカ料理がおいしかった店。
ランチ終わりかけの、13時近くに行ったが、まだたくさんおかずはありました。

今日のおかず 
ひる111
左下の肉詰め揚げ豆腐、トマトがいい味を出していそう。
その隣りの、ウリとかヘチマみたいな料理も、おいしそう。

おかずは、「2品」と自分の中で決めています。 
以前は、いろいろ食べたいので3品注文の時もありましたが、「食べ過ぎ」。確実に太りました。
それで、ビンヤン食堂にいったら、あれもこれもではなく、「うまいおかずを、2つ」真剣に選びます。

おかずは2品 
ひる123
昨日選んだおかずは、これ。

ひる121
まず選んだのが、これ。 うまそう。
ウリの様な野菜料理は、ベトナムでは多い。そしてマッシュルームのようなキノコ。

お店のおばちゃんに、「これうまい、。 名前は何というのですか?」と聞いて、教えてもらったが、聞き取れたのは、「nấm 」だけ。これは、キノコの意味。 〇〇とキノコと言ったと思うが、自分のベトナム語能力では聞き取れない。

ひる122
もう一品は、「肉詰め豆腐」のトマト煮。
5区へ引っ越してから、豆腐をよく食べるようになった。豆腐がうまい。
昨日も、おかずを見ていたら、この豆腐がすごくうまそうだったので、選択。

ひる131
昨日のランチが、これ。おかずの盛りがすごくいい。
他のビンヤン食堂の1.5倍くらいの量を、皿に盛ってくれています。
昨日はランチが終わりかけの13時ごろに行ったので、おばちゃんがサービスしてくれたのかも。

値段は全部で4万ドン。
前回のイカ料理の時は、3万5千ドン。
これから何度も通うので、そのうち計算式がわかるようになります。

(ベトナム語がわかると、客と店員の会話が理解できます。
客が、「お勘定、いくら」と聞いて、店員がいくらと答えているのかわかるので、今の客は〇万ドンだったとわかるので、自分が外国人料金を言われたときは、わかることが多いです。)
昨日の4万ドンは、ほぼ適正価格。


夜は、初めてのお店を試してみました。

よる211
この店で、食べてみましょう。

よる240
店の感じもいい感じ。 ベトナムらしい雰囲気がでています。

よる221
こちらの2品を選んでみました。

よる222
エビと豚肉の甘辛煮。ビンヤン食堂の定番。
この店のエビは、他よりも少し大きめ。味付けがおいしかった。

よる223
もう1品は、精進料理の店でおいてありそうな、「野菜の煮もの」。
根野菜が、うまい。 ニンジンをこれだけたくさん食べられるのがうれしい。

よる230
昨日の夕ご飯。4万ドン=200円。

値段は、ちょっと高い。これだと3万ドンから3万5千ドンが、相場だと思う。
ニンジンがうまかった。 また食べに行きたい店です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)      
スポンサーサイト


ごはん(コムビンヤン) | 10:20:13 | コメント(1)
コメント
袋茸(フクロタケ)では無いですか?
http://vovworld.vn/ja-JP/ベトナム農村/フクロタケ栽培で富むドンタップ省農民たち/490656.vov
2017-04-08 土 08:53:28 | URL | Bunzo [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad