■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが大好きです。

 今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。

 日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

 そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
5区のビンヤン食堂
引っ越しして、約1週間。
近所の道にも慣れてきたので、おいしいビンヤン食堂さがしを開始しました。

ベトナムの名物料理を食べ歩くのもいいが、日々の食生活の基本になるのは、白いごはんにおかずをのせた皿飯。
店頭のおかずを見て、うまい店探しを本格的にはじめます。

昼食 
ひる111
昼食は、このビンヤン食堂で食べてみました。
おかずのケースが大きい → 種類が豊富。
のぞいてみると、おいしそうなおかずが並んでいました。
(女の子が、長そでを頭からすっぽりと着ているのは、寒いからではなく、暑くて日差しが強いからです)

ひる121
店の中は、こんな感じ。テーブルが低いので少し食べにくい。

選んだ料理 
ひる131
選んだ料理がこれ。
ごはんの上にのっているチンゲン菜炒めがうまい。
もう一品は、肉詰め豆腐。
このチンゲン菜炒めがおいしかった。全部で2万5千ドン。125円。

1区のビンヤン食堂だと、おかずは小皿に別によそってくれる店が多いが、5区だと他のベトナム人と同様にごはんの上におかずが盛られます。

夕食 
よる211
夕食は、このビンヤン食堂を試してみました。

よる232
2品注文。
1つは、インゲン炒め。 もう1つは、揚げさかな。

スープを待っていたが、届かない。
後ろの席の兄ちゃんを見ると、やはりスープがない。
スープをくれと注文すると、後ろを指ささされた。

よる231
スープは、別料金。 ビンヤン食堂ではありえない。

よる221
スープと、ビールを注文して、やっと夕飯らしくなった。
全部で、5万2千ドン。260円。

値段の割には、おいしくない。揚げさかなが塩が効きすぎてしょっぱかった。
この食堂は、もう行かないだろう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)      
スポンサーサイト


ごはん(コムビンヤン) | 11:25:54 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad