■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが大好きです。

 今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。

 日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

 そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
Bun Dau ブンドウ・・・うまい揚げ豆腐
5区に住んで、まだ1週間たっていないが、ここはおもしろい。
ローカル店がたくさんあるので、ベトナムの食文化を知るのには、すごくいい場所。

昨日は、Bún Đậu  ブンドウ のうまい店に行ってきました。

Bún Đậu  の店
ぶん111

ぶん100
近所に、いつもお客で混んでいるBún Đậu  の店があります。

ぶん112
昨日の昼に、食べに行ってみました。

メニュー 
ぶん211
壁には、大きなメニュー表が。具に何を選ぶかで、変わってきます。

ぶん212
手元のメニューで、じっくりと選んでみました。
食べておいしいだけではなく、どんな料理があるのか、名前は、食べ方は・・・・、など、ベトナムの食文化をこれから探求したい。

基本の、Bún Đậu  20k。
それに、Thịt 付きだと30K。 Chả ốc 付きだと40K.
昨日は、シンプルに、「Bún Đậu Thịt」 (ゆでた豚肉)を選んでみました。

ぶん213
飲み物メニューは、こちら。
Bún Đậu の店には、ビールがおいていない店がよくあるが、ここにはサイゴンビール緑がありました。

Mắm tôm マムトム 
ぶん311
注文するとすぐに、ビールと一緒に、「唐辛子とスダチ」が、そして、ブンドウには欠かせないタレ、「Mắm tôm マムトム」が運ばれてきました。

お店の人が、自分を外国人とみて、くさいマムトムを食べられないと考えたのだろう。
「ヌックマム?」と聞いてきたので、「マムトム」と、答えました。
マムトム、ベトナム語では、Mắm tôm。これで食べないと、ベトナム料理ではない。

ぶん312
この唐辛子が、インパクトありました。
はさみと唐辛子が、当たり前のように届きました。

ぶん313
どうするのだろうと、となりの席の人を見ると、はさみで唐辛子を切って、マムトムに入れています。
これは、いい。切りたてで、新鮮な唐辛子が食べられます。

唐辛子を切って入れた後、スダチを入れて、箸で混ぜて、味を確認。みんな自分好みのマムトムに仕上げていました。


Bún Đậu Thịt 
ぶん411
そして、お待ちかねの「Bún Đậu Thịt 」が届きました。

ぶん420
この「BUNの形」がおもしろい。 最初見たときは、「俵おむすび」。
そして、揚げたての豆腐。うまそう。

マムトムを付けて、小さな茶碗に入れ、キュウリやゆでた豚肉と一緒に、ブンと豆腐を食べます。
これは、病みつきになる味。日本では食べられない、ベトナムでしか食べられない味です。

ぶん421
揚げ豆腐がものすごくおいしいので、お代わり。 この料理は、揚げたての豆腐がポイントです。
冷めたらおいしくない。 

ぶん511
地元のベトナム人に人気のあるのがわかりました。

今日は、ゆでた豚肉のブンドウ、豆腐を追加、ビール2本で、7万2千ドン。360円。
安くてうまい。

ぶん512
いつか、自分へのごほうびで、一番豪華な、「8万ドンのBún đậu đặc biệt 」を、食べてみよう。
「ゆでた豚肉、さつまあげ、・・・すごい豪華」。 でも一番うまいのは、揚げたての豆腐。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)      
スポンサーサイト


めん類(フォー、ブン) | 10:46:33 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad