FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
ベトナム語は、どこで習う・・・
ベトナム語はマイナーな言語なので、日本で勉強しようと思ってもなかなか勉強できる所がない。
自分もいろいろと探しました。

実際にベトナムに来て、ホーチミン市でベトナム語を勉強しようと思うと、

ホーチミン市人文社会科学大学 (1区) 
ホーチミン市師範大学 (5区)
サイゴンランゲージスクール(日本語で授業。日本人の語学学校)

この3つが多い。
自分も、人文社会科学大学で勉強しています。

最近、7区の大学でも外国人がベトナム語を学ぶクラスがあるというので、昨日、実際に大学に足を運んで、どんな学校か見に行く機会がありました。
いろいろなつながりから集まった5人で、大学を訪問しました。

<7区で、ごはん>
もん110
大学に行く前に、昼ごはん。
7区といえば、「韓国人がたくさん住んでいる=韓国料理レストランが多い」。
昼ご飯は、韓国料理レストランで。

もん121
一番、韓国料理らしい、「ビビンバ」。

もん130
自分が注文したのは、「タイ料理のパッタイ」。

韓国料理の店に来て、ふつう、タイ料理は注文しないだろう・・・・・
でも、メニュー見てもよくわからなかったのと、みんながごはんものを注文していたので、一人くらい麺を注文したほうが変化を楽しめるかなと思い、パッタイを注文。
なぜか、「ガーリックトースト」がついてきた。⇒ 焼きそばとパン = これが韓国風パッタイ?
タイ料理注文しても、韓国小鉢はたくさんついてきました。


見学に行った大学は、トン ドゥック タン大学

Trường Đại học Tôn Đức Thắng là một trường đại học được thành lập ngày 24 tháng 9 năm 1997。
トン ドゥック タン大学。1997年9月24日に開校した新しい大学です。


ほっく200
日本の大学を1年間休学して、今、この大学で勉強している在校生を知っている人がいて、その子が校内を案内してくれました。
比較的新しい大学なので、校舎がきれい。

ほっく210
学食(căn tin)を見せてもらうと、人文大学とは比べ物にならないくらいきれいでした。
(学食は1階ではなく、10階にあります)
先生との約束の時間まで、ここで時間調整。外は大雨が降ってきました。

ほっく220
図書室もすごく使いやすい。
集中して、予習復習ができそうです。
みんな真剣に勉強していました。日本の図書館に近く、無駄話できません。
宿題はできても、勉強を教えてもらうのは、話し声を注意されて、できない感じ。
そんな、静けさがただよう、本来の図書室の姿でした。

そのあと、以前、人文大学で教えてもらった先生が今はここで教えているので、
教室で模擬授業を体験。相変わらず先生の発音は聞きやすい。

授業受けて、ここはいいなあと思ったのは、教室の机がきれいで、広い。
(人文大学は椅子に小さな板がついているのだけなので、書きにくい。)

ベトナム語を勉強できる場所が増えることは、すごくいいこと。
それだけ、選ぶ選択肢が広がります。

ほっく230
帰りは、このバスで1区まで戻りました。
ベンタンバスターミナルと大学を結んでいるので、
始発から終点で、便利です。外は雨でもバスに乗って、出発を待てます。

その国に生活していて、その国の言葉を話せたほうが絶対に楽しい。
ベトナム語は、アルファベットに似ていて簡単そうでむずかしい言語。
しっかりと先生について、発音から教えてもらわないと、変なベトナム語になります。

ベトナム語の勉強は、自分の生涯学習です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

スポンサーサイト



♪ホーチミン市での生活 | 11:36:56 | コメント(3)