FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
アンコールワットの旅(3日目)カンボジアで、ごはん
泊まっているホテルは、五つ星なので、朝食も豪華です。

ホテルの朝食 
こむ01こむ02
朝食は、豪華な料理もたくさん並んでいました。
でも、ここでたくさん食べてしまうと、外で食べるのが減ってしまう。
軽く、果物とヨーグルトだけの朝食にして、まちのローカル食堂に食べに行くことにしました。

ローカル食堂 
こむ500
旅行の楽しみは、その地域のごはんを食べること。それには環境も重要です。
ホテルのきれいなテーブルで外国人向けの料理を食べるより、ローカル食堂で地元の人に交じって食べたほうが楽しい。

こむ501
カンボジアの「ビンヤン食堂」的な、庶民的な食堂に行ってみました。
ベトナムと違うところは、「鍋にふたがしてある」。中にどんな料理があるのかわからないと思ってみていると、お店のおばちゃんが蓋をひとつづつとって、中を見せてくれました。

ほかのカンボジア人は、みんな勝手に蓋を開けて中をのぞいていました。
「中に何が入っているか、楽しみ」、カンボジアの食堂は、おもしろい。

こむ510
注文した料理。その1。
これは、ベトナムで食べたことがないので、試してみました。
食べたけれど、何の料理かわからない。緑の葉っぱみたいのがたくさん固まっています。

こむ520
なべの中から、選んだ料理がこれ。
たぶん、「カエルの肉」。ベトナムでもよく食べる料理だが、ベトナムで食べたカエルよりも味が淡泊で、あっさり目。味付けも濃くない。

こむ530
このスープがおいしかった。
ベトナムのカインチュアとは、味が違う。
見た目が濃そうだが、そうでもなかった。具は「白身魚」といろいろな野菜。野菜が大根やウリで、なかなかおいしい。
パイナップルも入っていたので、料理的には、ベトナムのカインチュアと同じ位置づけだと思います。

こむ550
ごはん食べながら、店の様子を見ていると、お客がみんな鍋のふたを開けて、料理を覗き込みながら、表情が変わるのがおもしろい。

こむ540
今日の、「カンボジアで、ごはん」は、これです。
全部で、3.5ドル。

10ドル札で支払うと、アメリカドルで6ドル、カンボジアリエルで2000リエル、戻ってきました。
カンボジアでは、アメリカドルが自国通貨以上に使われています。
1ドル以下の50セントは使われないので、1ドル以上はアメリカドルで、1ドル未満はカンボジアレアルで戻ってきます。

1ドル=4000リエルなので、0,5ドル=2000リエル。

夕ご飯 カンボジアのバインセオ 
よる100
ビールは、「アンコールビール」を。
暑いベトナムに住んでいると、ビールが欠かせなくなります。カンボジアも同じ。
氷は入ってなかったので、注文しました。
よく冷えた、薄いビールがアジアではおいしい。

よる110
何を食べようかなとメニューをめくって、見つけたのがこれ。
ベトナムに住んでいる人にはおなじみ、「バインセオ」。
でもここはカンボジアなので、名前は違う。

よる111
でてきたのがこれ。バインセオにそっくり。ただし「巻く葉っぱが付いていない」。
気持ちだけ、キュウリと葉っぱが少しだけ付いていました。

よる112
中の具は、かなり違っていました。
ベトナムはもやしとエビと豚肉が、バインセオには欠かせないが、カンボジアのこれは、やわらかい味がした。
ひき肉と玉ねぎのオムレツの具に似ているというか、これだけでも食べられそうな味。

よる120
もう1品は、これを注文。 メニューを読むと、
Local fruits salad with coconut cream sweet milk crush ice

よる121
届いたのがこれです。

よる122
氷が解けて、それで冷たくなったら、食べごろ。
でも、こおり水につかっているのと同じなので、フルーツが水っぽくなっている。
これは、失敗。

よる123
今夜の、「カンボジアで、晩ごはん」でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

スポンサーサイト



16カンボジア(アンコールワット) | 17:35:34 | コメント(0)
アンコールワットの旅(2日目)アンコールワット
昨日は、一日アンコールワット観光。
ホテルの前にいた、ツクツクに乗ってアンコールワットを目指したが、チケットは別の場所で買わないと入れないと言われ、えらく離れた場所にあるチケット売り場で「3日券」を購入。40ドルもした、高い。(1日券は20ドル)。

アンコールワットは、西門から入るので、午後だと順光できれいな写真が撮れると言われているが、午前中から行ってみた。いわれていた通り、午前は逆光で、天気も曇りそら。
のんびりと一日かけて、アンコールワットを味わいました。

アンコールワットへ 
あん100
これは、午後に撮影した写真。長い道を歩いて・・・・。

あん111
午前中は、逆光できれいに写真が撮れません。

あん112
逆光で、暗くなってしまう。

あん120
午後はきれいに・・・。しかし、水がきれいでない。

あん130
平日のせいか、または午前中のせいか、そんなに観光客で混んでいません。

あん200
クメール文化については、あまりよく知らないので、見た感じで楽しみました。
日本人ツアーの人も何組がいたので、ガイドの説明が耳に入ってきて、「~うーん、なるほど」と、こま切れで少しだけ知識を得ることができました。

あん205
いちばん人気のある「第三回廊」へ。 ここも10分待ちくらいで登れました。

あん210
かなり急な階段。危なそうだったら登るのやめようと思っていたが、予想よりもかなり足場も手すりもしっかりしていたので、登ってみました。
午前中のすいている時間なので、そんなに混んでいない。

あん220
登るときは平気だったが、降りる時がえらく急な階段で怖かった。
持ってきた軍手が役にたちました。(手すりは細くて、太陽熱で熱い。)

あん230
第三回廊は、階段が急ですが、登れるなら上ったほうがいいです。
外から見るのとは違ったアンコールワットに出会えます。

あんk500
第三回廊

あんこ510


遺跡見学は、よく歩きます。しかも石の上を歩くので、暑い。
つかれたので、遺跡がよく見えるカフェで、ビールを飲みながら休憩。

遺跡見学は、暑い 
あん300
池のほとりに、屋台が10軒くらい並んでいます。
その隣にはおみやげ屋台が20軒くらい。

観光地のお店は、値段が高いが、もともと物価の安いカンボジア。
ビールは、3ドルで飲めます。(まちでは、1ドル~1.5ドルなので、2倍ですが。)

あん310
昨日、「アンコールビール」を飲んだので、今日は「カンボジアビール」です。
カンボジアで、アンコールワット見ながら、カンボジアビールを、平日に昼から飲む。
最高の贅沢です。

あん320
カンボジアビールを飲んだら、「ラオスビール」も試してみたくなりました。
ラオスビール、缶だと2ドルです。(瓶だと3ドル。)

あん330
お店の人が、ごはんを食べないかと、メニューを持ってきた。
何がおすすめか聞いたら、右上の「LOKLAK」。 5ドルとちょっと高いが、写真がおいしそうなので注文。

あん340
これが、「LOKLAK」。写真とちょっと違うが、・・・。
というか、右上の料理を注文したつもりが、左上の料理が届いた。
名前は同じ。(辛いのがいい、辛くないのがいい?と聞いてきたので、辛くないのを注文したので、これになったのだろう)。
味は、・・・・、ベトナム料理のほうがおいしい。

あん400
アンコールワットが、きれいによく見えるので、料理もおいしく感じます。
のんびりとビールを飲みながら、普段とは違うバケーションです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

16カンボジア(アンコールワット) | 10:38:47 | コメント(0)