FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
ジャカルタからホーチミン市へ戻りました
無事に、インドネシアからベトナムに帰国できました。
去年の今ごろは、ヨーロッパに40日の予定で旅行に行って、
14日目にドイツのケルンでパスポートを置き引きにあい、ものすごい痛い思いをしました。

外国でパスポートを盗難にあうと、どれだけ痛いか、身に染みてわかったので、
今回は、安全対策を強化しました。

市内から空港へ 
じゃか100
ホーチミン市は、タンソンニャット空港が市内から近くにあるので、タクシーで10万ドン=500円くらいで行けるので便利。
ジャカルタは、空港と市内が離れており、しかもバス等はなく、タクシーだけなので痛い。
時間もお金もかかる。

しかも、ジャカルタは交通渋滞がひどい
ホーチミン市も朝夕は渋滞するが、その比ではない。
昨日は、夕方バスに乗って、一駅300m走るのに40分かかって、いやになった
途中で降りたくても降りられず、苦しい時間を過ごした。歩いたほうがよっぽど早い。

この渋滞する時間に、空港に行くとしたら気が遠くなる。
今日は、13時45分のベトナム航空で帰るので、
昼間の混んでいない時間なので、ホテルから空港まで1時間と予想。

昼ならひどい渋滞はないだろうと考えたら、すごく渋滞。
中心部を抜けて、空港に行く高速に乗るまで、30分経過。
(上の写真のロータリーが、大渋滞で動かない)

そのあと高速に乗ったら、時速100キロで飛ばしていた。

たぶん夕方の飛行機だと、高速に乗るまで市内で1時間以上かかりそう。
絶対乗りたくない。
今日は、10時10分にタクシーに乗って、空港に11時20分に到着。
ラッシュアワーだと、2時間かかりそう。

<空港⇒ホテル>
エアポートタクシー(メータータクシー)ではなく、白タクと値段交渉して乗車。
全部込みで、20万ルピア

<ホテル⇒空港>
メータータクシー、それも評判の良いブルーバードで空港へ。
・高速代、1万ルピア + 1万5千ルピア
・メーター 14万ルピア越え
15万+1万+1万5千=17万5千ルピア

白タクの20万ルピアもそれほどひどくない。
利用して正解。
ちなみに、ホテルをチェックアウトの時、ホテルの送迎を提案されたが、
高速代込みで、18万ルピアだった。

今回は、「メーターでいくらで、市内から空港まで行くのか」、テストしたかったので
ブルーバードタクシーにした。

結果
①メータータクシー(ブルーバード) 17万5千ルピア
②ホテルの送迎 18万ルピア
③白タクと交渉 20万ルピア


白タクは、ホテルの送迎よりも値段が高い。 何事も経験です。

ベトナム航空で、ホーチミン市へ 
じゃか200
ベトナム航空で、ホーチミン市へ帰ります。
席は通路側を指定したが、乗車率50%くらいで、3人かけ1列を独占できました。
快適です。 ジャワ島ともお別れです。

機内食 ジャカルタ ⇒ ホーチミン市 
じゃか210
来るときは、フィッシュを選んだので、帰りは「ビーフ」を選んでみました。
最初、そぼろごはんかなと思ったら、ナシゴレンでした。
わりとおいしかった。

機内食 ホーチミン市 ⇒ ジャカルタ 
じゃか220
参考に、来たときの機内食。「フィッシュ」を選んでみました。

久しぶりの、ベトナムごはん 
コム500
約10日ぶりのベトナムごはんです。うまい。
ジャカルタでは、イスラム教徒が多いので、ビールも全く飲めませんでした。
ベトナムは、100円以下でビールが飲めるし、ごはんもおいしいので、すばらしい国です。

コム510
そして、飲みたかった「カフェスダ」。 うまい。カフェ天国のホーチミン市は楽しい街です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪ 
(「ベトナム情報」と、「ホーチミン情報」に、按分して参加しています。)   

スポンサーサイト



16インドネシア旅行 | 23:46:43 | コメント(2)