FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
サイゴン1日市内観光(その2 食事編)
昼食は、友人のリクエストで、「ローカルな店で食べたい」。

いろいろあるけど、どこにしようかなと考えた結果は、
「ブン ティット ヌオン」のおいしい店。

ベトナム語では、
Bún Thịt Nướng. ブンティットヌン búnブン. thịt肉. nướng焼く

ローカル食堂 
ぶん101
1月1日で、店休みでないかなと心配したが、ちゃんと営業していた。
2人かけのテーブルが店内2つ、外に2つの、小さな店です。

ぶん102
店先で焼いている、この肉がうまい。

Bún Thịt Nướng.ブンティットヌン
ぶん103
メニューは、これ一つだけ。
でも、こういう1点勝負の店がうまい。

ぶん104
焼きあがった、鶏肉。
エビちくわも、あります。

ぶん105
いろいろな野菜。

ぶん110
完成した、Bún Thịt Nướng.ブンティットヌン
ものすごく、うまい。

ぶん111
ブンの生地がすごくいい。
ヌックマムによく合う。

上にのっている具の数々も、すばらしいおいしさ。
これで、1杯2万5千ドン=137円。

友人も感動していました。

昼食のあとは、
外国人がたくさんいるデタムを見てみたい」とリクエストがあり、フォングーラオ界隈を、案内した。

友人は、ドンコイのホテルに泊まっているので、このバックパッカー街は、別世界に見えるらしい。

でたむ111
バックパッカーのエリアを、ご案内。

でたむ101
バックパッカーは、こんな感じで、バックバックせおって歩いています。
自分は、ベトナム移住前、年に2回くらい旅行で来たときは、
バックパックでなく、軽いキャリーでここを歩いて、ホテルを探していました。

自分にとって、ベトナムでホテルといえば、このブイビエン界隈。
1泊10ドルから20ドルくらいのミニホテルがたくさんあり、
いろいろと試しました。

でたむ112
デタム通りとブイビエン通りの角。
ある意味、ランドマークです。

でたむ113
この果物がうまい。

でたむ114
旅行客が利用しやすいレストランが、並んでいます。
メニューは豊富。

でたむ115
食事をしていると、次から次と、物売りがやってきます。
でも、みんな生活がかかっているので、たまには購入してあげましょう。

でたむ120
今日は、人とバイクが少なく、ブイビエン通りも静かでした。
歩きやすくてよかった。

あと、「何かやりたいことないか」、聞いたら、
路線バスに乗りたい」。と、リクエスト。
路線バスかあ。まあ、確かに旅行者には最初は敷居が高いからねえ。

ばす01
フォングーラオ近くの、9月23日公園のバスターミナルへ。
さあ、どこ行こうかなと思ったが、あんまりにもローカルすぎるのはちょっとなあと思い、

チャンフンダオ通りまで歩き、01番のバスに乗って、チョロンに行って、
「うずまき線香」で、有名なお寺 天后寺に案内した。

チョロンにあるお寺 
ばす02
天后寺 ガイドブックに必ず載っている、有名なお寺です。

ばす03
ちょうど、新年の初もうでによかった

今日は、友人にサイゴン(ホーチミン市)のまちの案内。
けっこう、おもしろかった。

新年から、サイゴンのまちを満喫できました。
変化が早いホーチミン市、きっと5年後10年後には大きく変わっていると思う。

毎年新年に、まちを案内して、その変化を見るのも楽しいかもしれない。

2016年、初日から友人に会え、そしてサイゴンのまちを楽しめて、
すばらしいスタートでした。

よる13

よる12

よる11

皆さんにも、 HAPPY NEW YEAR !

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪ 
(「ベトナム情報」と、「ホーチミン情報」に、按分して参加しています。)


続きを読む >>
スポンサーサイト



♪まちの風景 | 21:47:52 | コメント(3)
サイゴン1日市内観光(その1 撮影編)
チャオ ムン ナム モイ 2016
新年01

ベトナムは、あんまり「新年」という感じはしませんが、
「あけまして、おめでとうございます」

やはり、新しい年を迎えると、「今年は○○をやりたい」と、
なにか、新しいことに挑戦したくなります。

自分は、「ブログをベトナム語で書きたい」。
ベトナム人の友人や、ベトナム語を勉強しているクラスメイトが読めるように。

今日は、年末年始の休暇を利用して、日本から友人が遊びにきました。

友人のリクエストが、
①「ベトナムらしい風景に出会いたい。
②旅行雑誌に載っているような、ホーチミンのまちの写真を撮りたい」。

ということで、今日は、一日サイゴンのまちを案内しました。

それでは、「サイゴンの撮影ポイント」を、紹介しましょう。

サイゴン教会 
新年101
サイゴンのシンボル、サイゴン教会

必ず、旅行雑誌に掲載されています。
正面から撮影した写真が多いが、自分はこの角度が好きです。

後ろに、邪魔な建物が入らず、青空がきれいなので。

新年102
毎日、この教会のわきの道を歩いているので、この風景が好き。

郵便局 
新年103
教会の隣にある、郵便局。
郵便局というより、文化遺産です。

人民委員会 
新年104
ほんと、きれいな建物です。
青空をバックに、建物が映えます。フランスの文化の香りが漂ってきます。

新年106
ビンコムセンターも、よくマッチします。

ホーおじさんの像 
新年105
ホーおじさんを正面から見るのではなく、ホーおじさんと同じ目線で、グエンフエ通りを見るのが好きです。

新年107
カラベルホテルと、シェラトンホテル。
そして、市民劇場前の地下鉄工事現場。

サイゴン川  
新年108
川沿いの遊歩道。
夕方の涼しい時間は、散歩にちょうどいい。

昼は、暑くて歩きたくない。

新年109
このビルは、どこからも見えますので、いい目印になります。

ローカルな風景も見てみたい」との、リクエストで、ちょっとローカルエリアへ案内

まち201
うまそう。

まち202
暑いので、「日陰」は必要。

まち203
みんなごみを道路に捨てるが、清掃が日に何度もあります。

まち205
1年中、花が咲いているのが、いい。

まち204
この街角のカフェでのむカフェスダが、おいしい。

まち206
一度ためしてみたい、床屋。

まち210
シクロに乗ってみたい
と、友人のリクエストがあった。うーん、どうするか。

別に、値段交渉は問題ないし、今まで何度も乗っている。
しかし、「 今日は天気がよい。 → 直射日光をもろに受ける → 暑い 

そう、シクロは、自転車の前かごに乗る状態なので、直射日光をもろにあびる。
このくそ暑いホーチミン市で、10分も20分も直射日光にあたっていたら、暑くてたまらない。

もうひとつ、シクロは、オートバイの排気ガスをもろに受ける。

あまり乗りたくないので、シクロの運ちゃんと話して、
シクロを貸してもらい、友人をちょこっとだけ座らせてもらいました。
自分は運転席に乗ってみたが、お尻は痛いし、サドルの位置が高い。

まち211
カフェで、休憩。

まち212
カフェスダがうまい。
チャダーが、うまい。

ごはんは、ローカルな店で食べたいというので、このあとローカル店に案内。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪ 
(「ベトナム情報」と、「ホーチミン情報」に、按分して参加しています。)


♪まちの風景 | 17:12:33 | コメント(4)