FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
うなぎのレモングラス蒸し
今日、「9月2日」は、ベトナムの祝日で、学校は休み。
それで、バスに乗って4区に遊びに行ってきた。

お昼ごはん、何を食べようかなと、おもしろそうなお店を探した。

ベトナム語の手書きメニューを発見
昼01
この手書きメニューがいい。

何か、ブログのネタになりそうな食べ物ないかなあと見ていて、
「うなぎ」が、目に留まった。

lươn 鰻 (うなぎ )

よし、ここで「ベトナムのうなぎ」を食べよう。

うなぎ料理 
店内で、メニューをもらい、調べると、うなぎ料理は、2種類あった。

メニュー

lươn 鰻 (うなぎ )、xào 炒める (いためる )、 lăn 転がる (ころがる )、

lươn 鰻 (うなぎ )、hấp 蒸す 、 sả レモングラス

下の、「うなぎのレモングラス蒸し」を、食べることにした。

lươn hấp sả 
昼うなぎ21
なんか、スープのような状態で、運ばれてきた。

「レモングラス」、よくベトナム料理で見かけるが、よくわからない。
最初は、「レモン」を「グラス」に入れて、料理にかけるのかなと、本気で思っていた。

<レモングラスを、調べてみると>
レモングラスは高温多湿な環境を好むハーブです。
もともと熱帯の植物のため寒さには弱く、日本で栽培する場合、冬は室内に入れて管理します。

高さは1~2mほどまで育ち、レモンの香りのする太い茎にススキのような細長い葉をつけます。
夏には赤みがかった花を咲かせます。

レモングラスはタイ料理のトムヤムクンなど、東南アジア料理には欠かせません。
肉や魚の臭みを消したり、カレーの香りづけにも用いられます。
 

     ↓
要は、「ハーブ」らしい。
このうなぎ料理にも、ハーブがたくさん入っていました。

昼うなぎ22
スプーンで、うなぎをすくってみました。

日本のうなぎと違い、「胴体を輪切り」。

昼うなぎ23

味は、日本のうなぎに似ている。
ただ胴体輪切りなので、真ん中に骨がある。
骨の周りを、皮ごと食べる感じ。

フランスパンをもらって、スープに浸して食べながら、
うなぎのレモングラス蒸しを味わいました。

値段は、8万ドン=440円。


今日は祝日で学校休みなので、昼からビール。
ビールのお供は、揚げ春巻き・

昼05
昼11

tôm 海老 (えび)、と、 cua 蟹 (かに )の、揚げ春巻き。

エビとカニの味は、あまり感じなかった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪ 
(「ベトナム情報」と、「ホーチミン情報」に、按分して参加しています。)


スポンサーサイト



ごはん(食堂) | 18:27:09 | コメント(0)