FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
ホーチミン市の夜景
今日、4月25日のホーチミン市の夜景を集めてみました。
開発が著しいホーチミン市。新しいビルが次々と建ち、数年後には、ガラリと変わりそうですが、
ずーと変わらない風景もあります。

夜景1

夜景2
ずーと立ち入り禁止だったが、今日は中に入れた。
本当に4月30日の40周年に、全面通行可能になるのだろうか。

夜景3
国営百貨店は、これからどうなるのだろうか。文化遺産として保存する話は前から出ているが。

夜景4
郵便局の前には、無料のWIFIスポットが。

★夜景ではないが、看板から今のホーチミン市を★
夜景5
ベトナム戦争が終わって40年、ものすごい発展です。

スポンサーサイト



♪まちの風景 | 23:19:07 | コメント(0)
インド料理(インドカレー)
「世界の料理」、今回はインド。

インドの代表料理といえば、「インドカレー」

カレー1
「インドカレー 30000ドン」の看板。
ここは、Co Giang通りの屋台。この通りはいろいろな屋台が出ていて、お気に入りの場所です。

インドカレー チキンカレー
カレー2
頼んだのがこれ、「インドカレー」。ベトナム語の表記は看板のとおりです。
チキンカレーの1品しかないが、どーんと鳥の足が入っていて、チキンカレーを自己主張しています。

味は、「うまい」。
今まで、ベトナムで食べたカレーはどれもココナッツミルクが入っていて、甘ったるかった。
「カレーは辛いからカレーであって、甘いのはカレーじゃない」と何度も叫びたくなったが、
ここのカレーは、「しっかり辛い」。

南大塚で食べた、インドカレーに味が似ています。
これから、カレーが食べたくなったらここに食べに来れる。
お気に入りに入れておこう。

◎諸外国の料理 | 23:18:31 | コメント(1)
川沿いをウオーキング
今日は、川沿いの景色を。

今日から「9連休」で、旅行に行く人も多いが、
自分は、5月の日本帰国、6月のヨーロッパ旅行があるので、
ゴールデンウイークは、おとなしくホーチミン市で。


今日は、川沿いをウオーキング。

川1

川2

川3

川4

川5


♪まちの風景 | 23:18:01 | コメント(0)
昼食(ブンティットヌン)
今日は、サイゴン川沿いの道をウオーキングして、
ブンティットヌンのおいしい店に。

Bún Thịt Nướng.ブンティットヌン 
昼1

búnブン. thịt肉. nướng焼く。名前のままです。
いろいろな所で食べているが、自分の中ではこの店が、一番うまい。
アパートからは遠いので、めったに食べに来れないが。

Gỏi Cuốn 生春巻
昼2
普通、「生春巻きにはエビ」が入っているが、この店のはちがう。
エビの代わりに「えびちくわ」が入っている。これがおいしい。
Bún Thịt Nướng.ブンティットヌン によく使われるが、それを生春巻きにも。

えびちくわ
昼3
店先でよく焼いています。 この焼きたてがおいしい。

味は説明するのが難しい。つくねとはちがいます。練り物です。
焼き方は、日本の焼き鳥と同じ要領。

上の、Bún Thịt Nướng.ブンティットヌン の写真にも写っているので、
「エビちくわ」探してみてください。

Bún Thịt Nướng.ブンティットヌン と、生春巻き4本と、ビールで、
6万4千ドン=352円。

めん類(フォー、ブン) | 23:17:32 | コメント(0)