FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
今日のホーチミン市 2月1日
今日のホーチミン市は、「快晴」。

気持ちいいくらいの青空が広がっていました。気温は33度と相変わらずです。

まち2
大通りでは、車を通行止めにして、何やら飾っている。
今年は、「2月19日」が、お正月の元旦。 → そう、もうすぐ「テト」です。

まち3
中央郵便局は、ピンクから黄色に変わりました。
もう「黄色」に塗り終えたのに、なんか最近、同じ黄色でも「薄い黄色」に、
右下を塗りなおしている気配があります。

もしかして、色間違えてぬって、やり直しているのかも。ベトナムでは、よくあることです。

まち1
地下鉄の工事現場。日本の企業が協力しています。

まち4
人民委員会も、きれいに改修が行われています
青い囲いの中は、地下鉄工事。今は町中、いたるところで、ビルの建設や道路工事が行われている。
もっと、のんびりと近代化してもらいたい。


スポンサーサイト



♪まちの風景 | 22:38:06 | コメント(0)
夕食(コムビンヤン)2月1日
夕食は、コムビンヤンで。

夕食1
今日の夕食。 イカがおいしかった。

3万5千ドン=190円。

ごはん(コムビンヤン) | 22:37:39 | コメント(0)
Bánh Khọt  2月1日
ちょっとお昼が物足りなかったので、ベンタン市場の近くのなじみのカフェに行った。
ここには、「ラッキー」という名前の犬がいて、すごくかわいい。

今日はビールを飲みたかったのだが、この犬が「コーラ」が大好き。
今日は、自分を見つけるなり寄ってきて、「コーラが飲みたい」と、目で訴えていたので、「コーラ」と「Bánh Khọt 」を注文。 

ラッキー用のお皿ももらって、氷入りでコーラをあげたら、ごくごく飲んでいた。

 Bánh Khọt  
ばいん1
小腹が空いているので、「Bánh Khọt 」を食べに行った。

ばいん2
Bánh Khọt は、「バインセオ」を小さくした感じ。自分はこっちのほうが好き。

ばいん3
これも、「葉っぱ」で巻いて、たれをつけて食べます。
ベトナム料理は、よく「葉っぱ」を使います。一番好きな葉っぱは「ドクダミ」。

Bánh Khọt 4万ドン
コーラ 1万ドン
計 5万ドン=275円。



代表料理 | 22:37:03 | コメント(0)
昼食(Bún Nem Hải Sản)2月1日
今日は、日曜日で学校は休み。
新しいお店を開拓して、昼からビールを。

 Bún Nem Hải Sản
昼1
ランチメニューの中から、「Bún Nem Hải Sản」を、選んでみた。

昼2
これが、「Nem Hải Sản」。 日本語だと「海鮮 揚げ春巻き」

揚げ春巻きのことを、ホーチミン市では「Chả Giò」というが、ハノイでは「Nem」という。
ベトナム語は、「北」と「南」で、発音は全く違うし、固有名詞の単語も違うのがたくさんある。


首都は、北の「ハノイ市」なので、ハノイの言葉が標準語と言われている。
自分は、南の「ホーチミン市」で、南の方言を勉強している。
(日本で、大阪弁を勉強しているのと同じ。)

昼3
この店は、「葉っぱ」がおいしかった。
好きな葉っぱを選んで、ブンと揚げ春巻きを巻いて食べます。

Bún Nem Hải Sản (海鮮春巻きブン) 5万5千ドン
Tiger Beer (タイガービール)  1万8千ドン 
計7万3千ドン=400円

めん類(フォー、ブン) | 22:36:34 | コメント(0)
ベトナムで生活するにはいくら必要?
今日から、2月。
毎月月末に、「1ヶ月どのくらい使ったか」、ざっくりと計算している。
1月も、ほぼ予定通り。

昨日、ビザのことを書いたので、今日は、「全体的なベトナムでの移住資金」について、
参考に触れてみます。
自分も準備をしている時、ロングステイの家計簿を参考にしました。

<1ヶ月の生活費>
「家賃と電気代8万円」、「学校の授業料2万円」、「食費等生活費5万~10万円」
ざっくりと、月に15万円から20万円

<予算別シナリオ 4000万円の場合>
・2000万円は、日本の銀行で安全管理。
・2000万円は、ベトナムの銀行で定期預金

 1年定期で、年利6%。2000万円×6%=120万円
→月15万円の生活の場合。金利月10万円、取り崩し月5万円。
→月20万円の生活の場合。金利月10万円、取り崩し月10万円。

<予算別シナリオ 6000万円の場合>
・3000万円は、日本の銀行で安全管理。
・3000万円は、ベトナムの銀行で定期預金。

1年定期で、年利6%。3000万円×6%=180万円

→月15万円の生活の場合。金利月15万円。夢の金利生活
→月20万円の生活の場合。金利月15万円。取り崩し月5万円。
 (取り崩し月5万円。年60万円。10年でも600万円しか減りません)

現地在住者だと、金利を使いきれないで、どんどん増えている人もいます。

このように、シンプルに考えると、ベトナムでの移住生活も
現実のものになります。
ある程度の現実的な資金があれば、可能です。
ベトナムは食費はすごく安いので、大してお金かかりません。
お金使う場所もないし。

★今は円安で、ベトナムドンの定期預金を作るにはタイミング悪いので、
 一度に全部定期預金は作らず、円高になったタイミングで、
 定期預金を追加していく。

<今のベトナムの金利>
銀行1
自分がいま口座を持っている「VIETCOMBANK」の場合だと、
・3ヶ月定期 →4.9%
・6ヶ月定期 →5.3%
・12ヶ月定期→6.0%
(注意)
為替のリスクもありますので、資金全部をベトナムドンに換えるのは、やめたほうがいいですよ。
自分は、将来的には、「半分日本円またはUSドル」 「半分ベトナムドン」にしようと思っています。
先月、300万円を6ヶ月定期5.3%で預けたら、5億3千万ドンになりました。

もうすぐ、ベトナムで生活して10ヶ月になりますが、
感想としては、日本より生活はしやすいし、お金もかかりません。
お金もキチキチ考えず、ざっくりと余裕をもって考えると、生活も楽です。

♪ビザ、生活資金 | 11:38:46 | コメント(3)