FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
夕食(ハスとエビのサラダ)1月25日
ハスとエビのサラダ 
夕食1

夕食は、「ハスの実と肉とエビのサラダ」
暑いので、さっぱりとしたサラダが食べたくなった。

ベトナムで一番好きなサラダがこれ。
ハスがおいしい。
すごくボリュームがあり、これ1品でおなか一杯になった。

一緒に出てくるえびせんべいも大好き。

ビール2本と、ハスのサラダで、11万ドン=600円。

スポンサーサイト



代表料理 | 23:26:34 | コメント(0)
屋台料理(「Bột Chiên Bánh Hẹ」)1月25日
町を歩いていると、いろいろな屋台で、おいしい料理を味わうことができる。
今日も30度と暑いので、がっちりしたのを食べたくなった。

屋台料理「Bột Chiên Bánh Hẹ」 
屋台1
おいしそうな料理が、目に入ってきた。

屋台2
これ、おいしそう。

屋台3
値段を聞くと、2万5千ドン=140円。
1個注文。すると、卵を一つ割って入れて、

屋台4
完成。

屋台5
うーん、できたてでおいしい。ポテトかなと思ったら、ちがう。何だろう。

屋台のいい所は、できたてあつあつを、食べることができること。
このたれも、いい味をだしていました。

bot chien banh
他の屋台で、名前が出ていたので。 「Bột Chiên Bánh Hẹ」



屋台料理(いろいろ) | 23:11:37 | コメント(1)
ミー サオ ボー 1月25日
ミー サオ ボー 
ミーサオ1
ちょっと、小腹がすいたので、屋台でミーサオを。

ミーサオ2
M I XAO BO

ミー サオ ボーは、「牛肉入り焼きそば」
なぜか、「ペヤング ソース焼きそば」の味がします。
(ミー サオ ボー 3万ドン、ビア333 1万5千ドン 計4万5千ドン=250円)

めん類(フォー、ブン) | 22:46:48 | コメント(0)
カフェで勉強 1月25日
最近、ブログの更新に忙しく、ベトナム語の勉強時間が減ってしまった。
これではやばいと、今日は午後からカフェで、リスニングの勉強。

 カフェで、ベトナム語の勉強  
カフェ1
カフェの中も、「黄色の梅」が飾られ、テトの雰囲気が・・。
黒のリュックサックは、12月に姪からプレゼントされた、バーバリーのバック。
Atsuko ありがとう。ベトナムで大活躍しています。

カフェ2

窓の外に目を向けると、ベトナムらしい雰囲気が。

カフェ3

ベトナムは、まちが、人がおもしろい。
こんな風景をのんびりと見ているのが、好きです。

♪ホーチミン市での生活 | 22:34:14 | コメント(0)
昼食(ブンチャー)1月25日
昼は、「ブンチャー」  
ブンチャー1
お昼は、「ブンチャー」

ブンチャー2
この店は、「出前」も行っている。みんなにも、このおいしいブンチャーを出前で送りたい。
1人前2万5千ドン=140円

めん類(フォー、ブン) | 22:16:21 | コメント(0)
お菓子「 BÒ BÍA NGỌT 」
辞書選びが終わり、「何か食べに行こう。何がいい?」と聞いて、
リクエストがあったのが、「BÒ BÍA NGỌT 」

見ると、目の前に「 BÒ BÍA NGỌT 」の屋台がとまっていた。


「 BÒ BÍA NGỌT 」

「 BÒ BÍA NGỌT 」

150124ngot2.jpg
自分は、初めて見るので、作り方を記録した。
➀生地の上に、細長くて薄いあめのようなものを置いた。


150124ngot3.jpg
②その上に、また綿あめのようのものを置く。
あれは何か聞いたら、「ココナツの実を、スプーンで内側からほじったもの」。


150124ngot4.jpg
③そして、黒コショウらしいものを振りかける。

Banhngot5
④最後に、生春巻きのように巻いていく。

Banhngot6
⑤はい、完成。

1本1万ドン。2本分払おうとしたら、
彼女が、「1万ドンは高い。普段は8千ドンだから、8千ドン」と言って、
結局、2本で1万6千ドンになった。

ベトナムに長く住んでいても、まだまだ値段はわからない。
でもそれが普通。
お金がない学生には8千ドン、お金のある外国人には1万ドン。
それって、屋台の店主からみたら、自然なことだと思う。
ぼられるとは、ちがう。

外側の生地は、「クレープ」のような感じ。
味は、名前の通り「甘い」。
でも、暑いホーチミン市は、甘いものを体が欲する。
ホーチミン市で食べるベトナム料理は、ハノイと違ってみんな甘い。

ホーチミン市の女性は、みんな甘いものが好きらしい。

一人では、たぶん食べることがなかった「 BÒ BÍA NGỌT 」を
食べられたのも、彼女のおかげ。
ありがとう。

屋台料理(いろいろ) | 00:35:44 | コメント(0)