FC2ブログ
 
■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが、大好きです。

今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。
     ↓
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

そして、ベトナム語の達人になりたい。南のホーチミン弁、北のハノイ弁、中部のフエ弁をマスターし、ベトナム人を驚かせたい。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■リンク
大学の授業
大学のクラス分け

クラス分け

外国人の場合、いつでも入学できる。2週間または4週間ごとに新しいコースがはじまるので、自分のレベルにあったクラスがあれば、そこで勉強できる。

自分は、午後のクラス13時~15時まで。

初級が4段階 (E1 から E4)
中級が4段階 (I1 から I4)
上級が無制限

自分は、E1 E2 E3 と終り、今はE4のクラスで勉強している。

1日2時間 週5日で10時間
10時間×8週=80時間

これが、基準。 80時間で初級だと560万ドン。
うーん、ちょっと高い。

今日の授業
学校10

今日の授業。今日の先生はたくさん黒板に書くので、ノートに書き写すの大変なので、そうーとスマホで。

E4のレベルがこれですので、ベトナム語を習っている人は、ある程度予想がつくと思います。

自習室
学校11

大学の自習室。風通しがいいです

ここで15時に授業が終わった後、月火木金の週に4日、大学で日本語を勉強している子に、日本語教えています。

日本語学科の本科生ではなく、夜の18時から20時の日本語の授業を受けている子に、自分の授業の終わった15時から、彼女の授業が始まる18時まで、日本語を教えています。

最初は、自分がベトナム語を教わっていたのですが、最近は自分が日本語を教えるほうが多い。
残念?なのは、彼女の日本語の上達が早く、自分がベトナム語で説明しても理解できないことが
、日本語で説明するとすぐにわかること。

自分のベトナム語が上達しない・・・・・。笑



スポンサーサイト



∞ベトナム語学校(授業) | 23:21:35 | コメント(2)
大学でのベトナム語
大学でのベトナム語の勉強 
Trường Đại học Khoa học Xã hội và Nhân văn
Đại học Quốc gia Thành phố Hổ Chí Minh
(ホーチミン市国家大学 人文社会科学大学)

学校1

1区の端。レズアン通りにあります。

学校3

ベトナムは、道路は車とオートバイでぐちゃクチャしているが、駐輪場はきれいに整理されている。
大学の中もきれいにオートバイが並べられている。
日本は、道路はきれいだが駐輪場はきたない。
この、日本とベトナムとの違いがおもしろい。


学校4

廊下からの眺めがいい。

学校5

教室は、部屋によって広さも形も違う。
自分のクラスは。「韓国人4人」「日本人2人」の計6人のクラス。
部屋の広さはちょうどよい。





∞ベトナム語学校(授業) | 22:52:36 | コメント(0)
昼食(BO KHO)
昼食は「BO KHO」

hiru1

「BO KHO」は、ベトナム版のビーフシチューのイメージ

これがおいしい。スープにフランスパンをひたしながら、ゆっくりといただきます。

なにか、高級なイメージがありますが、値段は2万5千ドン。約140円です。

庶民のちょっとした食べ物です。

代表料理 | 22:21:34 | コメント(2)
朝食(フーティウ)
朝食はフーティウにしよう

朝1

今日の朝食は、フーティウにしよう。朝は汁ものが食べたくなる。

この店は、近所で一番フーティウがうまい。


朝2

朝食のメニュー


朝3

麺のどんぶりと、中に入れる野菜がゆでた状態ででてきます。
値段は、3万5千ドン (192円)


朝4

フーティウの特徴は「エビ」と「ウズラの卵」が入っていると、ベトナムの学生に教わった。

めん類(フォー、ブン) | 21:39:31 | コメント(0)