■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが大好きです。

 今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。

 日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

 そして「漢越語辞典」を発行することが夢です。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

プノンペンから、ホーチミン市へは、何で帰るか ?
明日、というか、1月31日にプノンペンからホーチミン市へ帰ります。
テトも開けて、ベトナムのお店も営業しているはずです。
往復バスの乗車券を購入済ですが、毎日川沿いをウオーキングしていて、気になる看板があります。


カンボジア → ベトナム 
ふね110
カンボジアからベトナムへの旅行会社の案内板です。

普通、「プノンペン→ホーチミン市」は、バス、または飛行機。
でも、ここの案内は、「船」。

ふね112
ここで気になったのが、これ。
  ↓
ふね113
Phnom Penh 8:00AM → Ho Chi Minh 10hours
Phnom Penh 12:00PM  → Ho Chi Minh 10hours  (boat & bus )

これは、「boat and bus」。
船とバスで、10時間かけて、プノンペンからホーチミン市へ行くルートです。
おもしろそう。

チケット売り場の人に値段を聞くと、「42ドル」。
プノンペン→ホーチミン市のバスは、13ドルで購入済だが、これは捨てて、42ドルでメコン川のクルーズがすごくしたくなった。

ふね111
時間とルートを確認すると、

Phnom Penh → Chau Doc が船で、4~5時間。
Chau Doc で、カンボジア出国・ベトナム入国
Chau Doc → Ho Chi Minh がバスで、5~6時間。


午前8時の船に乗れば、夜6時ごろにホーチミン市に到着する。
ものすごく、メコン川を船で下りたくなり、申し込みをした。

引き換えチケットを待っていたが、いろいろなところに電話してなかなか返事が来なかった。
そして、「12:00 PM」でも、いいかと・・・・。

Am8:00は、満席で売り切れている。
Pm12:00で、それから10時間以上移動はいやなので、断わりました。
今回は、素直に購入済みのバスで帰ることにしました。プノンペン12時30分発。

ふね201
船で、メコン川を下れないとわかると、余計乗りたくなる。

メコン川 
ふね202
次回は、ホーチミン市→プノンペンの片道だけ、バスで来て、
帰りは、早めに乗車券乗船券を買って、船で帰ろう。


 < 追記 > 
ぷの101
バスで、モックバイからベトナムに入国しました。
陸路の入国もおもしろい。島国の日本だと空港でパスポートにスタンプ押してもらうだけ。
次回は、「船で入国」を、体験してみます。

ぷの111
今回泊まったホテルは、朝食がおいしかった。

ぷの122
パンと、卵料理がおいしい。
Eggs Benedict に似ていますが、ちがいます。 これは、「Eggs Florentine」。
(マフィンの上に、半熟卵がのっているのは、同じ。)

ぷの123
これも、すばらしいおいしさでした。
タマゴの半熟具合がポイントです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)      


スポンサーサイト
17カンボジア旅行(テト旅行) | 00:28:30 | コメント(0)
プノンペンで、日本食
旅行に行ったら、その国の料理を食べたい。
それは、今でも変わらない。

最近、新たに加わったのが、「外国で日本料理がどういう風に食べられているか、知りたい。」
その国の味を、外国で再現するのは、とても大変です。
食材や調味料もちがうので、同じに作るには材料費等、お金もかかります。

日本にいた頃、東京のベトナム料理店にいろいろと食べに行きましたが、ベトナムで食べるのとはちがいます。
「なんで、こんな味付けになるの?」という、ベトナム料理店が日本にたくさんありました。
しかも、ものすごく高い値段設定で。

今、外国に住むようになり、日本料理を外国で食べる機会が増えました。
「これは、日本とは違うなあ」というのを発見するのも、楽しみの一つになっています。

日本食堂
にほん211
今日、まち歩きをしていて見つけた、日本食堂。

にほん212
メニューを見ると、食べやすい価格帯。

にほん213
すき焼き6ドルと、トリの唐揚げ2ドルを、食べてみました。

すき焼き 
にほん214
すき焼きが、できました。

にほん215
まちがえて、「もつ鍋」が届いたのかなと、思いました。

にほん216
シラタキと、ネギが欲しかった。

にほん217
唐揚げは、日本式の鳥からを期待したが、骨付きの手羽先でした。

日式カレー 
かり111
日本のカレーもよく見かけます。
「日式カレー」。 日本式のカレー。
ベトナムでもたまに食べますが、カンボジアでも食べてみました。

ベトナムで食べる、日式カレーに、すごく似ていました。
きっとこれが、外国人の考える日本のカレー。

かり112
メニューは、これ。
Japanese veggie Curry ( with rice ) 4.5ドル 日本のカレーライス 4ドル50セント

Classic vegetable Chinese Fried Rice 中国の野菜チャーハン
Russian beef Stroganoff ロシアのビーフストロガノフ
Cambodian Fish Amok カンボジアのフィッシュアモク

ロシア料理も、食べてみたい。

かり113
国籍不明の、このサラダがおいしかった。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)      


17カンボジア旅行(テト旅行) | 17:43:52 | コメント(0)
プノンペンの、ローカル屋台
プノンペンでも、ローカル屋台を楽しんでいます。
昨日までに食べて、おいしかったのは、こちらの屋台です。

焼き鳥 
ぷの311
プノンペンは、「焼き鳥」がうまい。

ぷの312
昨日、この屋台で食べてみました。この屋台は、「鳥肉」が多い。
(だから、焼き鳥)
3本購入したら、3000リエル。

焼き鳥パン 
うの411
ここもおいしそう。 ベトナムで「バインミー」、日本語では、パン。

ぷの412
パンを炭火で焼いてくれるのがうれしい。 パンがすごくおいしくなります。
具は、焼き鳥。 何本入れるかを注文します。
自分は豪華に3本で注文しました。

ぷの413
焼き鳥を入れた後、野菜を加えて、出来上がり。
1ドルくらいです。

鉄板焼きそば 
ぷの611
これが、おいしかった。
「カンボジア風 鉄板焼きそば」

ぷの612
具材もおもしろい。肉とキャベツは普通だが、それに・・・・・・ 。

BBQ 
ぷの511
カンボジア風、BBQ.
食べたい具をトレーにとって、お店の人に焼いてもらいます。

ぷの512
焼きたてを味わえるのが、うれしい。

ぷの513
最初に、「野菜に氷」が、届きます。そして、焼きあがった串が届きます。
この野菜が、焼き物を食べた口をさわやかにしてくれます。


バインセオに、うり二つ 
ぷの211
これは、屋台ではなく、プノンペンのイオンのフードコートで見つけたもの。
ベトナムの「バインセオ」にそっくり。

クメール語(カンボジア語)は読めないが、英語では「Banh Chhev」。
Banh Xeo」と、名前まで似ている。

ぷの212
Fish が売り切れだったので、Pork を注文しました。

ぷの213
中の具を見てみると、・・・・・。
もやしがベースで、バインセオと同じです。

しかし、「葉っぱ野菜が少ない」。 これでは、葉っぱで巻いて食べることができませんでした。
自分は、ベトナムのバインセオのほうが、おいしい。

タコ焼きに似た〇〇〇 
たこ211
日本のタコ焼きを、巨大にしたイメージ

たこ212
出来上がりも、タコ焼きそのまま。
値段を聞くと、「1個500リエル」。 5個もらいました。

たこ213
食べようとすると、お店の人が慌てて、「熱いから、2つに分けて食べないとやけどする」と、教えてくれました。
それも、タコ焼きそっくり。
ただ、ソースをかけるのではなく、ココナッツジュースで食べるのが、カンボジア風。

たこ214
お店の雰囲気は、ベトナムにそっくりです。
カンボジアは、シクロもよく見かけました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)      


17カンボジア旅行(テト旅行) | 16:21:05 | コメント(0)
プノンペンで、Eggs Benedict
今朝は、「Eggs Benedict  エッグベネディクト」を初めて食べてみました。

今回泊まっているプノンペンのホテルは、ホテルというよりレストランが本業で、「レストランの空いている部屋をホテルにしている」イメージ。
そして、「朝ごはんがおいしい」と、ホテルの口コミにもよく書かれています。

昨日食べた、「丸太のような太いオムレツ」もおいしかったが、今日は、前から食べてみたかった、「Eggs Benedict」を食べることができました。
これが、すばらしいおいしさ。

Eggs Benedict  
あさ211

ホーチミンの美味いものを紹介しているブログで、写真付きで掲載されていて、「うまそうだなあ。一度食べてみたいなあ」と思っていた料理です。
でも、ローカルごはんばかり食べているので、こういうおしゃれな料理には縁がない。 と思っていたら、今回泊まったホテルで、朝食メニューに載っていたので、今朝食べることができました。

評判通りのおいしさです。

朝食メニュー 
あさ111
朝食、メニューが豊富です。

あさ221
Yahooニュースを読みながら、ゆっくり朝食。飲み物はたくさん注文。
ポットの紅茶が、時間が長持ちしていいです。

あさ222
シリアルも、大好きです。

あさ121
バイキングではなく、アラカルトで注文できるので、できたてを味わえます。
昨日は、Build Your Own Omelet
今日は、Eggs Benedict

Eggs Benedict
Two poached eggs on toasted English Muffin with choice of Ham or Salmon .
Topped with Hollandaise sauce and served with green Asparagus.


あさ212
この卵の半熟具合が絶妙です。
2つあると、食べごたえも十分ありました。

エッグベネディクト(英 Eggs Benedict )は、イングリッシュ・マフィンの半分にハムやベーコンまたはサーモンなど、ポーチドエッグ、オランデーズソースを乗せて作る料理です。

あさ213
これを食べることができただけで、このホテルに泊まって大正解です。
プノンペンに、テト旅行にきたかいがありました。
すばらしい正月を、楽しんでいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)      


17カンボジア旅行(テト旅行) | 23:22:14 | コメント(0)
プノンペンで、初詣
chúc mừng năm mới

今日は、旧正月 Tết テト。
ホーチミン市は、店は全部閉まり、道路もガラガラだと思います。
自分は、カンボジアのプノンペンで、初詣に行ってきました。

プノンペンの朝
あさ110
朝食を食べに、レストランに行くと、トンレサップ川から気持ちのよい風が。
昨日は川沿いを南に歩いたので、今日は北へ向かって歩いてみたい。

朝食
あさ111
今日は、オムレツを焼いてもらいました。
オムレツにトーストが付いてくるとは思わず、別途にカリカリに焼いたトーストを注文したら、ダブってしまいました。

あさ112
朝食で食べた、「オムレツ」。これがすばらしいおいしさ。
卵3個使って焼いた、特大オムレツで食べごたえありました。

トンレサップ川
まち201
天気はすばらしくよいのだが、暑い。

まち200
日陰がない。10分歩いたら、冷房の効いたカフェに行きたくなりました。

まち202
川沿いを歩くのはやめて、町なかへ。
ホーチミン市のブイビエン通りのような、ツーリストエリアへ。

まち203
長居できそうなカフェを見つけ、読書。
今回のテト旅行は、プノンペンでゆっくりと、日本の小説を読むのがメインです。

・・・ 3時間くらい、読書


少し歩きたくなってきたので、グーグルマップで

まち204

ワットプノンに、行ってみたくなりました。

Wat Phnom 
わっと311
カンボジア語では、このように書きます。 解読不可。

わっと411
プノンペンでは、有名な場所です。

わっと412
入り口がわからず、ぐるりと一周しました。

わっと313
階段を上り、境内へ。かなり混んでいました。

わっと314
蓮の花と、お線香が、参詣の必需品

わっと315
漢字の読める自分は、意味が分かるが、カンボジア人はどうなんだろうか。

わっと321
そして、お線香を手にした人は、・・・・・、すごい人の数・・・。

初詣
わっと322
近くに英語のガイドツアー団体がいたので、そこに紛れて聞いてみると、この塔にお線香をあげるのが、参詣の目的でみんな来ているらしい。

わっと331
自分は混んでいる場所は避けて、目立たないところにひっそりとしていた仏さまに、世界の平和と、ベトナムの子供たちの幸せをお祈りしました。

セントラルマーケット 
こむ511
何か食べたくなり、セントラルマーケットへ行ってみました。
位置関係を知るランドマークは、後ろのビル。

こむ512
マーケットの食堂で、何かおもしろいのがないかなあと探したが、食指が動くものはありませんでした。
どうも、ここはおもしろくない。

カフェに行って、本の続きを読んで、夕方、「ナイトマーケット」に遊びに行きました。


ナイトマーケット  
こむ551
川沿いにあるナイトマーケット。
目指す場所は、もちろん「食べ物屋台」。

こむ513
これ、おもしろそう。
「イカとキュウリ」、おもしろい組み合わせ。

こむ553
これは、前に食べたことがある多、おいしいです。

こむ555
これが、よく見かけます。

こむ554
ただ、このマーケットは、「地面に座って食べる」。 これがきつい。自分は正座ができません。ひざが痛い。

こむ552
この屋台が、一番多かったです。
そのうち、イスとテーブルのある屋台を見つけ、そこで試食です。

こむ611
食べた料理が、これ。
ビールが飲みたかったが、テーブルのあるこの屋台では、ジュースしかなかったので残念。

こむ612
これは、ベトナム料理にある「生春巻き」の、カンボジアバージョン。
見た目は似ているが、味はかなり違いました。 たれがココナッツジュースなのが理解不能。
ライスペーパーが、ベトナムと全然ちがう。なんかねちっこい味です。

こむ613
揚げワンタンや揚げ春巻き。
これは、・・・・・、2回目はないと思います。


こむ620
食べ終わった頃には、夕日に包まれ、人出も増えてきました。

こむ621
この時間が気温も下がり、風も弱くなり、一番心地よい時間です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)      


17カンボジア旅行(テト旅行) | 22:50:44 | コメント(0)
プノンペンのまち = リバーサイド
プノンペンは、「メコン川とトンレサップ川との合流点の右岸」に位置してしています。


あさ101あさ102
朝、朝食をとりにレストランに行ってみると、目の前にトンレサップ川がどーんと現われました。
部屋からはリバーサイドが見えなかったが、レストランはリバーサイド。

あさ111
朝は、のどが渇く。
「オレンジジュース」、「温かいカフェラテ」、 「ジャスミンティー」の3種類、オーダーしました。
(朝食は、バイキングではなく、オーダー制。)

あさ112
パンがおいしいと聞いたので、トーストとコーンフレークで、軽くすませました。

まち201
この川沿いの遊歩道が歩きやすい。
前回来た時も、毎日歩いていました。

まち202
外は暑い。日差しもきつい。川からの風が日傘を飛ばしそう。
そして、あの船に乗ってみたい・・・・。

まち203
どんどん歩いていくと、「渡し舟」の乗り場に着きました。
切符の値段を聞くと、「歩きは、500リエル」。15円くらいでした。

まち204
15円でも、船旅楽しめます。
行き先がどこなのか、わからないが、引き返せばいいので問題なし。

まち205
船は、車とオートバイとツクツクでいっぱいだったが、この船には、2階席があり。
歩きの人は、2階の椅子に座って、ゆっくりと船旅を楽しめました。 15円でも船の気分を味わえます。

まち301
船が到着すると、一斉に降りますが、小さな船だと出入り口は1つだけ。
頭から入った自動車は、バックでゆっくりと降りていました。

まち302
メコン川も超えて、着いた小さな村は、どこかもわからない。
歩くのも砂埃がすごいので、どこかローカルな店で昼食を食べることにしました。

まち303
この店あたり、おもしろそう。

まち311
テーブルの上のメニューを見ると、カンボジア語だけ。
ベトナム語は、発音がむずかしいが、読み書きは英語のアルファベットに似ているので、感でわかる。
しかし、カンボジア語は予想がつかない。(ある意味、韓国語に似ている)。
数字もカンボジア語だと、値段すらわからない。
(数字のけたから見て、どんなに高くても、9000リエルとわかるので、値段気にすることはないが)。

そういう時は、食べている人の料理を見て、おいしそうなのを指さして、「あれと同じのちょうだい」と、店の人に伝えるのが一番。

まち312
それで食べたのが、これ。
「はるさめ麵」。 ベトナムにも同じのがあるが、同じくらいおいしい。

近くの席の人に、メニューを見せて、「自分が食べているのは、どれ?」と聞くと、1番上の料理でした。
きっと、店の看板メニューなのだろう。

そして、名前教えてくれた若い兄ちゃんが、食べ終わって会計の時に、おごるからと言って自分の食べているのも一緒に会計をすませていました。
要は、「カンボジア人に、ごはんをごちそうになった」。
ありがたく、「Thank you」と、伝えました。
カンボジアで世話になった分は、ベトナムで恩返しをします。
それにしても、このはるさめ麺が、おいしかった。

日傘が、売っていない 
かさ411
川沿いのカフェで2時間くらい読書してから、またリバーサイドを歩いていたら、強い風が吹いて「傘が壊れた」。
ベトナムでもしょっちゅう日傘が壊れる。2月に1本は購入している。

日差しが強いから、傘なしでは歩けない。
カンボジアでも壊れてしまった。 買いに行かなければ。

かさ412
ベトナムは暑くて日傘がないと、炎天下のもと歩けないのに、日傘はあまり売っていない。需要がない。
カンボジアでも、同じ。
とりあえず、ツクツクに乗って、セントラルマーケットに行って、探してみました。

かさ421
市場の中を探しても、なかなか見つからない。
おばちゃんに声かけて聞くと、「そっち」と教えてはくれるが、そこにも置いていない。
1時間以上探したが、女性用の傘を吸う本置いてある店1軒だけ。
それも、使えそうにない。

市場で探すのはあきらめて、「困った時の、AEON イオン」.
今度はバイクタクシーで、イオンに向かいました。
バイクの後ろから、町なみを見て、店を見つけるために。

かさ422
「AEON プノンペン店」。
 「ベトナムのイオンよりもプノンペンのイオンのほうが、品は豊富だよ」と、聞いていたので今回、プノンペンのイオンに行くのを楽しみにしていたが、こんなに早くいくとは。

確かに、ホーチミン市にあるイオンよりも大きいが、日傘はやはり品薄。
女性用の日傘は折り畳みで種類あるが、男性用は、長傘しかない。

仕方なく、12ドルもだして、安っぽい長い傘を購入しました。
日差しが強くて、暑いベトナムやカンボジア。
もっと日傘の需要があってもいいと思うのだが・・・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)      


17カンボジア旅行(テト旅行) | 22:58:04 | コメント(0)
テトは、カンボジアへ
今年のテトは、カンボジアのプノンペンで過ごします。
今回は、プノンペンでゆっくりと読書して過ごす予定です。

プノンペンは、カンボジアの首都だけど、別に観光する場所はないので、まったりとリバーサイドをウオーキングして、カフェで本を読んで過ごします。(日本へ本帰国した人からもらった日本語の文庫本を読書三昧。ホーチミン市は日本語の本の入手がすごく困難)。

ばす111
事前にファングーラオの旅行会社で、バスの往復を手配。
テトの混む時期なので、最初の2軒は希望の時間のバスは満席で予約できず。
3軒目のローカル旅行会社で、13ドルで予約をしておきました。

でも、あんまりよいバスではありません。
座席のクオリティーが悪い。座席が狭い。そして、Wi-Fiが使えない。
席も通路側で、車窓の風景も見えない。
トイレ休憩もなく、昼食の30分だけ。

国境で、ベトナムの出国がかなり混んでいて、30分くらい待たされました。
カンボジアの入国は、5分待ちで通過。
結局、ホーチミン市を朝の8時の出発で、カンボジアプノンペンに着いたのが、15時。
7時間かかりました。

ばす211
プノンペンは2回目なので、土地勘はあります。
バスが到着するのは旅行会社の前と思っていたら、センターマーケットのわきに到着。
ここからだと、ホテルは近い。

ツクツクで3ドルでホテルへ。

かむ211
リバーサイドの、近隣においしいレストランやカフェがたくさんある便利なロケーションのホテルを予約しておきました。
5泊70,000円を、50%オフの35,000円で安く手配。
(安くなったのはよいが、リバーサイドホテルなのに、部屋の窓は反対側の道路です。まあ、朝くらいしか部屋から外を見ないので問題なし。)

かむ213
チェックインをすませ、プノンペンの川沿いをウオーキング。
明日からは、ここで日陰を見つけて、読書をしよう。

かむ214
今日は、朝バインミーを食べただけで、他は何も食べていない。
カンボジアビール飲みながら、何か食べたいなあと思いながら歩いていると、雰囲気のいいローカル食堂を発見。

カンボジア語は全く読めないが、英語の併記の店が多い。
たぶんカンボジア語だけでは、外国人は予想もつかいだろう。

カンボジアビール 3000R (リエル)  KHR またはR カンボジアリエル
Fried yello Noodle & egg  $1.50

安いものは、カンボジアリエル。
高いものは、アメリカドル表示が多い。
(ベトナムでは、もうアメリカドルは使用しないですべてベトナムドンです。カンボジアは、アメリカドルがメイン通貨として使われています。)

かむ215

カンボジアビール、飲みやすくて好きです。
焼きそば、見ための汁が多い。これが甘口。具材はあんまり変わったものはありませんでした。

カンボジアビール3000R(リエル)
焼きそば 1.5ドル

ドル、またはリエル、どちらでも支払えます。「1ドル=4000リエル」で計算。

3000リエルと1.5ドルを、5ドル紙幣で払うと、2ドルと3000リエルがおつりで戻ってきます。
(2ドル1000リエルの支払い。)


屋台料理 
ぱん101
カンボジアも、屋台料理がたくさんあります。
今日は初日なので、かるく一つだけ食べてみました。

カンボジア語は全くわかりませんか、奮発して一番高い3000リエルのを注文しました。

ぱん201
① クレープの生地を薄くのばします。

パン202
② 卵を割って落とします。

ぱん203
③ 輪切りにしたバナナを入れます。

ぱん204
④ 形を整えます。

ぱん205
⑤ 形を整えます。

ぱん206
⑥ 裏面も焼きます。

そのあと、ミルクのかけ、コーヒーの粉をかけ、のり巻きのように巻いて、紙でくるんで完成です。

ぱん211ぱん212
完成しました。 スティック状で食べやすい。
一番高い3000リエル。 約90円です。
うまい。どんな料理もそうだが、「できたて」を、「その場所」で、食べるのが一番おいしい。

夕食 
こむ311
夕食は、レストランで食べようかなと思いながら、足は「ローカル屋台」を、探していました。
暗闇の中、ちょっと人気がありそうな屋台があったので、どんな食べ物かチェック。

こむ321
カンボジア語メニューを予想(期待)したら、英語。

こむ322
①の、Spring Roll 。ベトナムの揚げ春巻きにそっくり、というか、たぶん同じ。
食べ比べをしようと注文すると、「売り切れ」。

それで、写真的におもしろそうな、③Fried Rice Shripm-Paste
を、注文してみました。カンボジアのにおいがする。

こむ331
ここでも、カンボジアビールをストローで飲みながら待っていると、届きました。

カンボジア式 チャーハン 
こむ332
見た目キレイ。フエ風まぜごはん、を思い出しました。

こむ411
日本の冷やし中華にも似ている。キュウリとかもあるし。

こむ412
お店の人に食べ方を聞くと、「よく混ぜる」

こむ413
よく混ぜて、チャーハンのようにして食べる。
よく混ぜたら、見た目は悪くなりました。 味は、パイナップルがいい役割をしていました。
12,000リエルだと、3ドル。ベトナムドンだと、66,000ベトナムドン。
ベトナムドンのほうが、5倍以上します。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に、半分ずつに按分しています)      


17カンボジア旅行(テト旅行) | 23:01:33 | コメント(0)

FC2Ad