■プロフィール

アンコムチュア

Author:アンコムチュア
ベトナムのごはんが大好きです。

 今はホーチミン市に住んで、ローカル食堂や路上の屋台で、ベトナムの庶民料理を食べ歩きしています。

 日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることを、ライフワークにしています。

 そして「漢越語辞典」を発行することが夢です。

■カテゴリ

■最新記事
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

アンコールワットの旅(カンボジア料理)
今回の、アンコールワットの旅で出会った、おいしいものをアップします。

外国旅行がおもしろいのは、その地方でしか食べることができないものに出会えること。
ベトナムは、屋台文化がおもしろくて、住んでいて楽しい。
隣国カンボジアにも、おもしろい(おいしい)屋台が、たくさんありました。

ココナッツ ライス ケーキ 
けーき100
これは、最初見たとき、「たこ焼きにそっくり」。
ホーチミン市では、たこ焼き屋台がたくさんあるので、シェムリアップにもあるのかなあと思ったら、ちがいました。
これは、「Coconut Rice Cake」。

けーき101
たこ焼きは、タコを入れるが、ココナッツライスケーキは、これらを入れます。

けーき102
バナナの葉っぱで作った、舟がかわいい。

ケーキ103
完成です。たこ焼きは、回しながら球状にしますが、このケーキは、「上と下を重ねて」球状にします。北半球を南半球の上にのせるのと同じ感覚。

焼きたてをほお張ったら、「熱い・・・」。できたてのたこ焼きと同じ状態です。
でもうまい。上下に分けられるので、さましながら半分づつ食べる方法を見つけました。

ケーキ104
お店の看板には、「3個」。半球が6個で、全球にすると3個。
てっきり、全球3個で1ドルだと思ったら、全球6個(半球12個)、入っていました。

けーき105
おばちゃん、これだと「半球6個で、1ドル」だと思うから、損だよと、教えてあげました。
実際には、「半球14個 →全球7個」も、入っていました。もちろん1ドルで。

人気の屋台 
ぱん130
オールド市場のわきを歩いていると、人垣ができている屋台が目に入った。
人気の屋台=うまいものに会える。

ぱん131
なにがあるのかのぞいてみると、「パン」と「やきとり」。
うまそー。ベトナムでもバインミーが人気だが、カンボジアでも人気がありそう。

なによりもいいのが、「パンがカリカリに焼かれている」。
ベトナムのバインミーは、パンを焼いてくれない店がほとんどだが、たまに炭火で温めてくれる屋台がある。それがすごくうまい。

ぱん132
自分も一つ注文すると、パンをのせてくれました。
焼き鳥は何種類かあるので、見た目おいしそうなのを注文。

ぱん133
中の肉は焼きたて、外のパンもカリカリであたたかい。
ものすごくおいしい、焼き鳥サンドでした。 1ドル。

手作りアイスクリーム 
あいす400
今回の旅行で発見したのは、「アイスクリームがおいしい」。
いろいろなフルーツから、お好みの手作りアイスを作ってくれます。これが素晴らしいおいしさ。
合計4回食べましたが、この屋台のアイスが一番おいしかった。

あいす410
氷の板、全面を使って、手間と時間をかけて作ります。営業的にはもうけが少ないと思われます。
店の子によって、上手な子、もうちょっとの子がいます。この子はすごく上手

あいす420
作りたてなので、アイスがすごくなめらかで、やわらかい。

あいす430
えらぶフルーツによって、値段が変わります。
この店では、3ドルのイチゴとマンゴーを選んでみました。 ベトナムでも、広まってくれないかなあ。

ワッフル 
わ300
ベトナムでも、観光客の多い場所では、おばちゃんがワッフルを焼いて売っています。
自分もたまに買って食べていますが、カンボジアにはちょっと変わったワッフルがありました。

わ310
真ん中のオレンジ色のが、おもしろい味がしました。
これを、器用に巻いて、完成すると、上の状態になります。
2個で、1ドル。

屋台で、ごはん 
よる200
アジアの屋台では、うまい料理に出会えます。
外のテーブルで、ビールを飲みながら夜風にあたるのが気持ちい。
ビールは、「アンコールビール」。今日は、大瓶。

よる220
ごはんは、「パイナップルチャーハン」を注文。メニューでは、パイナップルに入って出てくるはずが、お皿に盛られている。
写真写り的には、パイナップルに入れてほしかったが、味はパイナップルが効いていて、おいしい。
チャーハンは、どこでも2ドルくらいで食べられます。

よる230
シーフード炒めを注文。 エビとイカが、たくさん入っています。トマトがいい味だしていました。

よる210
この屋台でおいしかったのが、スープ。
ベトナムの、カインチュア(酸っぱいスープ)に似ている。トマトも豊富に入っていたし。
見た目は辛そうだが、そんなにも辛くない。 素晴らしくおいしいスープでした。

よる250
料理3品に、ビール大瓶で、10ドルしませんでした。
ベトナムと同じくらい、食べ物は値段が安い。

まだまだ他にも、おいしい食べ物がありました。
「カンボジアは、料理がまずい」。と思っていましたが、今回の旅行で、「おいしいものもたくさんある」と、印象が変わりました。
次回は、バスで行ってみるのも楽しそう。 カンボジアの3年マルチビザを持っているので、気軽に遊びに行けます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

スポンサーサイト
16カンボジア(アンコールワット) | 11:40:12 | コメント(2)
アンコールワットの旅(5日目)帰国
今日は、ベトナムへ帰る日。
カンボジアに来て、初めて雨が降りました。
(朝、少しだけ。空港へ向かう時には止みました。)

シェムリアップ国際空港 
かん100
ホーチミン市 → シェムリアップ は、小さなプロペラ機でしたが、帰りはジェット機でした。
これで折り返しなので、曜日によって、日によって違うらしい。
カンボジアアンコールワット航空。

かん110
国際空港ですが、小さな空港で、出発便も1時間に1~2便しかありません。

かん200
空港ビルは、新しくてきれい。

かん210
お土産買おうかなと思ったが、高い。9ドル。

かん220
これで、帰ります。
シェムリアップからホーチミン市までは、約1時間。
SiemReap 13:55 → Sai Gon 15:00
ほぼ、定刻に到着です。

今回の旅行は、ホテルが安く泊まれたので、よかった。
75%割引クーポン券が届いたので、それを最大限活用するために、
高いホテルに泊まりました。

1泊2万円の5つ星が、75%割引で5千円です。
久しぶりの高級ホテル、朝食も豪華でした。

ホテルの朝食 
ほてる401
一番おいしかったのが、「めん料理」。
注文をすると、その場で作ってくれます。

ほてる402
めんが、いろいろな種類から選べたので、毎日ちがう麺を選んで食べてみました。
それぞれが個性があって、楽しめました。

ほてる404
一番おいしかったのが、これ。
きしめんのように、太い。これがものすごくおいしかった。
スープが薄味でもまろやかで、お代わりしたくなりました。

ほてる403
この、はるさめ麺もおいしかった。

ほてる410
初日は、ローカルなご飯が食べたくて、ホテルでは果物だけで、まちにでて食堂で食べましたが、やっぱりもったいない。
2泊目からは、しっかりとホテルで朝食をとりました。

ほてる420
種類が豊富で、どれもおいしい。
日本だと、5千円ではビジネスホテルにも泊まれない。
東南アジアは、ホテルが安いので、旅行しやすい。
割引キャンペーンも、多いし。

明日は、今回の旅行で食べたおいしいものを整理してアップします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

16カンボジア(アンコールワット) | 21:09:01 | コメント(0)
アンコールワットの旅(4日目)アンコールワット
カンボジアといえば、アンコールワット。
アンコールワットのほかにも、いろいろな遺跡がありますが、あれもこれもと行くより、まったりとアンコールワットを堪能したい。

2日目にアンコールワットに行ったが、午前中だと雲が多く写真写りも悪い。
それで、今日4日目は午後に、アンコールワットを見に行ってきました。
すると、

あん001
こんな美しいアンコールワットを見ることができました。

ガイドブック等では、アンコールワットの観光に適したのは、雨季が終わり、乾季の12月から3月と言われています
乾季の終期の4月と5月はものすごく暑いので、その前の雨が降らない時期が観光にはいいと。。

今の9月末は、雨季で雨が降るので、大雨が降ると観光できないので、人気のない時期。
・・・のはずが、毎日天気に恵まれ、雨季だというのに、ここカンボジアは雨が降りません。
観光客もそんなに多くなく、ゆっくりと楽しめました。

ベトナムのホーチミン市は、自分が出国した日の夕方から記録的な大雨が降り、道路が川のようになったのは、ほかの人のブログを読んで知りました。

それでは、晴天のカンボジア、アンコールワットをお楽しみください。

西門から 
あん501

あん100あん101

あん502
この長い参道を歩いていると、あー、アンコールワットに来たんだなあと感じます。

あん102
旅は、その過程が楽しい。
アンコールワットもきれいだが、それを見に行く過程がおもしろい。この長い参道を歩いているのがおもしろい。

あん103あん104
どのくらい天気が良いか、地面の影でわかると思います。

あん105
訪れた人が必ずに行く、「第3回廊」への階段。
今日は、待ち時間ゼロで、すぐに登れます。自分は2日前に上ったので、今日はパスしてまったりと遺跡見学を。

あん201あん202

あん203あん204

あん210
遺跡の彫刻もすてきだが、自分は外側から、アンコールワットの大きさを感じるほうが好き。

あん211
やっぱり外側から、その大きさを感じることが心に響きます。

あん300

あん503
雨季にもかかわらず、すてきなアンコールワットに出会えて、感謝です。

朝日の鑑賞ツアーは、早起きして、そこまでして日の出前に行く気持ちが沸きませんでした。
夕日をツアーでなく、自力で今日行くこともできますが、日没後の真っ暗な中を懐中電灯で照らしながら、岩を降りるだけの意欲がわきません。今から、屋台においしいものを探しに行って、食べ歩きです。

明日、ベトナムへ帰ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

16カンボジア(アンコールワット) | 18:33:08 | コメント(0)
アンコールワットの旅(4日目)手作りアイス
カンボジアで、一番おいしいと思ったのが「手作りフルーツアイス」。
これは、すばらしいおいしさ。そして、ベトナムでは食べることができない。

ひとつひとつ、手作りオーダーです。

オーダー 
あいす100
これがメニュー。好きなフルーツを2つ選びます。
Red Doragon 赤いドラゴンフルーツと、 Mangoマンゴーを選びました。

あいす110
つくるのは、この氷の板の上。

あいす120
液体のアイスクリームのもとに、赤いドラゴンフルーツとマンゴーをのせます。

あいす130
お好み焼きでつかうヘラで、フルーツを小さくカットしていきます。
これが豪快。氷の板に音が響きます。

あいす141
自分の選んだフレーバー、「赤いドラゴンフルーツと黄色のマンゴー」が、よくミックスされます。
色のついているフルーツを選ぶと、その様子がわかって、おもしろいです。

あいす142
氷で冷やされ、フルーツは小さくカットしてアイスクリームのフレーバーとなります。
ここまで5分くらい。 カチカチと音が響きます。

あいす150
よくミックスされたアイスを、うすくひきのばします。

あいす151
氷の板で、よーく冷やします。

あいす152
きれいに形を整えて引き延ばしたら、少し待ちます。

あいす160
冷えて完成したら、ヘラできれいに巻きながら、はがしていきます・

あいす165
これが、芸術的な美しさ。

あいす170
カップに入れ、トッピングを選んで完成。トッピングはオレオクッキーを選んでみました。
できたての、手作りアイス。素晴らしいおいしさです。

あいす181あいす182
こんな屋台を見つけたら、試してみてください。
2.5ドル。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

16カンボジア(アンコールワット) | 12:09:49 | コメント(1)
アンコールワットの旅(3日目)バイヨン
2日目にアンコールワットに行ったので、3日目は「バイヨン」に行ってみた。
1日中遺跡見ると、飽きるし疲れるので、3時間くらい遺跡見物、残りはまち歩きしながらおいしいものの食べ歩き。

TUKU TUKU で 
ばい100ばい101
カンボジアの乗り物といえば「TUK TUK」。
タイのツクツクが有名だが、カンボジアもツクツクがタクシー代わりになります。

これが気持ちいい。風を感じられます。
バイクタクシーだと、落ちないか怖いが、ツクツクはのんびりと景色を見ながら楽しめます。
ベトナムでは「シクロ」が有名だが、シクロよりも実用的。
それに、シクロは前に乗るので、天気が良い日は直射日光がもろにあたるので暑いし、バイクの排気ガスをもろにかぶるので、10分乗るともう下りたくなります。

あと、ベトナムと違っているなあと感じたのは、「ヘルメット」。
ベトナムのバイク乗っている人は、工事現場のヘルメットと同じ形ののせるタイプ、でもカンボジアは顔全体にかぶるフルフェイス。

アンコールトム 
ばい110
アンコールトムの中心に位置するのが、「バイヨン寺院」です。

バイヨン 
ばい120
韓国人と中国人が多い。

バイ140

ばい130

ばい150

ばい500

観音菩薩のモチーフで有名な寺院です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

16カンボジア(アンコールワット) | 11:30:13 | コメント(0)
アンコールワットの旅(3日目)カンボジアで、ごはん
泊まっているホテルは、五つ星なので、朝食も豪華です。

ホテルの朝食 
こむ01こむ02
朝食は、豪華な料理もたくさん並んでいました。
でも、ここでたくさん食べてしまうと、外で食べるのが減ってしまう。
軽く、果物とヨーグルトだけの朝食にして、まちのローカル食堂に食べに行くことにしました。

ローカル食堂 
こむ500
旅行の楽しみは、その地域のごはんを食べること。それには環境も重要です。
ホテルのきれいなテーブルで外国人向けの料理を食べるより、ローカル食堂で地元の人に交じって食べたほうが楽しい。

こむ501
カンボジアの「ビンヤン食堂」的な、庶民的な食堂に行ってみました。
ベトナムと違うところは、「鍋にふたがしてある」。中にどんな料理があるのかわからないと思ってみていると、お店のおばちゃんが蓋をひとつづつとって、中を見せてくれました。

ほかのカンボジア人は、みんな勝手に蓋を開けて中をのぞいていました。
「中に何が入っているか、楽しみ」、カンボジアの食堂は、おもしろい。

こむ510
注文した料理。その1。
これは、ベトナムで食べたことがないので、試してみました。
食べたけれど、何の料理かわからない。緑の葉っぱみたいのがたくさん固まっています。

こむ520
なべの中から、選んだ料理がこれ。
たぶん、「カエルの肉」。ベトナムでもよく食べる料理だが、ベトナムで食べたカエルよりも味が淡泊で、あっさり目。味付けも濃くない。

こむ530
このスープがおいしかった。
ベトナムのカインチュアとは、味が違う。
見た目が濃そうだが、そうでもなかった。具は「白身魚」といろいろな野菜。野菜が大根やウリで、なかなかおいしい。
パイナップルも入っていたので、料理的には、ベトナムのカインチュアと同じ位置づけだと思います。

こむ550
ごはん食べながら、店の様子を見ていると、お客がみんな鍋のふたを開けて、料理を覗き込みながら、表情が変わるのがおもしろい。

こむ540
今日の、「カンボジアで、ごはん」は、これです。
全部で、3.5ドル。

10ドル札で支払うと、アメリカドルで6ドル、カンボジアリエルで2000リエル、戻ってきました。
カンボジアでは、アメリカドルが自国通貨以上に使われています。
1ドル以下の50セントは使われないので、1ドル以上はアメリカドルで、1ドル未満はカンボジアレアルで戻ってきます。

1ドル=4000リエルなので、0,5ドル=2000リエル。

夕ご飯 カンボジアのバインセオ 
よる100
ビールは、「アンコールビール」を。
暑いベトナムに住んでいると、ビールが欠かせなくなります。カンボジアも同じ。
氷は入ってなかったので、注文しました。
よく冷えた、薄いビールがアジアではおいしい。

よる110
何を食べようかなとメニューをめくって、見つけたのがこれ。
ベトナムに住んでいる人にはおなじみ、「バインセオ」。
でもここはカンボジアなので、名前は違う。

よる111
でてきたのがこれ。バインセオにそっくり。ただし「巻く葉っぱが付いていない」。
気持ちだけ、キュウリと葉っぱが少しだけ付いていました。

よる112
中の具は、かなり違っていました。
ベトナムはもやしとエビと豚肉が、バインセオには欠かせないが、カンボジアのこれは、やわらかい味がした。
ひき肉と玉ねぎのオムレツの具に似ているというか、これだけでも食べられそうな味。

よる120
もう1品は、これを注文。 メニューを読むと、
Local fruits salad with coconut cream sweet milk crush ice

よる121
届いたのがこれです。

よる122
氷が解けて、それで冷たくなったら、食べごろ。
でも、こおり水につかっているのと同じなので、フルーツが水っぽくなっている。
これは、失敗。

よる123
今夜の、「カンボジアで、晩ごはん」でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

16カンボジア(アンコールワット) | 17:35:34 | コメント(0)
アンコールワットの旅(2日目)アンコールワット
昨日は、一日アンコールワット観光。
ホテルの前にいた、ツクツクに乗ってアンコールワットを目指したが、チケットは別の場所で買わないと入れないと言われ、えらく離れた場所にあるチケット売り場で「3日券」を購入。40ドルもした、高い。(1日券は20ドル)。

アンコールワットは、西門から入るので、午後だと順光できれいな写真が撮れると言われているが、午前中から行ってみた。いわれていた通り、午前は逆光で、天気も曇りそら。
のんびりと一日かけて、アンコールワットを味わいました。

アンコールワットへ 
あん100
これは、午後に撮影した写真。長い道を歩いて・・・・。

あん111
午前中は、逆光できれいに写真が撮れません。

あん112
逆光で、暗くなってしまう。

あん120
午後はきれいに・・・。しかし、水がきれいでない。

あん130
平日のせいか、または午前中のせいか、そんなに観光客で混んでいません。

あん200
クメール文化については、あまりよく知らないので、見た感じで楽しみました。
日本人ツアーの人も何組がいたので、ガイドの説明が耳に入ってきて、「~うーん、なるほど」と、こま切れで少しだけ知識を得ることができました。

あん205
いちばん人気のある「第三回廊」へ。 ここも10分待ちくらいで登れました。

あん210
かなり急な階段。危なそうだったら登るのやめようと思っていたが、予想よりもかなり足場も手すりもしっかりしていたので、登ってみました。
午前中のすいている時間なので、そんなに混んでいない。

あん220
登るときは平気だったが、降りる時がえらく急な階段で怖かった。
持ってきた軍手が役にたちました。(手すりは細くて、太陽熱で熱い。)

あん230
第三回廊は、階段が急ですが、登れるなら上ったほうがいいです。
外から見るのとは違ったアンコールワットに出会えます。

あんk500
第三回廊

あんこ510


遺跡見学は、よく歩きます。しかも石の上を歩くので、暑い。
つかれたので、遺跡がよく見えるカフェで、ビールを飲みながら休憩。

遺跡見学は、暑い 
あん300
池のほとりに、屋台が10軒くらい並んでいます。
その隣にはおみやげ屋台が20軒くらい。

観光地のお店は、値段が高いが、もともと物価の安いカンボジア。
ビールは、3ドルで飲めます。(まちでは、1ドル~1.5ドルなので、2倍ですが。)

あん310
昨日、「アンコールビール」を飲んだので、今日は「カンボジアビール」です。
カンボジアで、アンコールワット見ながら、カンボジアビールを、平日に昼から飲む。
最高の贅沢です。

あん320
カンボジアビールを飲んだら、「ラオスビール」も試してみたくなりました。
ラオスビール、缶だと2ドルです。(瓶だと3ドル。)

あん330
お店の人が、ごはんを食べないかと、メニューを持ってきた。
何がおすすめか聞いたら、右上の「LOKLAK」。 5ドルとちょっと高いが、写真がおいしそうなので注文。

あん340
これが、「LOKLAK」。写真とちょっと違うが、・・・。
というか、右上の料理を注文したつもりが、左上の料理が届いた。
名前は同じ。(辛いのがいい、辛くないのがいい?と聞いてきたので、辛くないのを注文したので、これになったのだろう)。
味は、・・・・、ベトナム料理のほうがおいしい。

あん400
アンコールワットが、きれいによく見えるので、料理もおいしく感じます。
のんびりとビールを飲みながら、普段とは違うバケーションです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

16カンボジア(アンコールワット) | 10:38:47 | コメント(0)
アンコールワットの旅(1日目)
今日は、カンボジアのシェムリアップにアンコールワットを見に行きます。

あん100
シェムリアップまでは、ベトナム航空でエアーチケットを購入したが、カンボジアアンコール航空との共同運航便。
機体は、カンボジアアンコール航空で、ローカル感が良かった。

カンボジアアンコール航空 
あん101
こんな小さなプロベラ機で、飛行です。

あん102
ベトナムのホーチミン市から、カンボジアのシェムリアップまでは、1時間ちょっと。
ホーチミン市からだと、アンコールワット遺跡はすごく身近です。

あん110
飛行機を降りたら、歩いて空港ビルへ。すごくのどかな、シェムリアップ空港です。

あん120
ビザは持っているので、すぐに入国審査。誰も並んでおらず、1分で通過。
エアポートタクシーで、市内まで7ドル。 国道6号線を走り、ホテルまで10分で到着です。

ホテル到着 
あん200
今回は、5つ星のホテルに宿泊です。 75%割引で利用なので、5千円以下で5つ星に泊まれました。
普段は縁のない高級ホテル。チェックインカウンターでは冷たいおしぼりのサービスがありうれしかった。

あん210
部屋もゆったりとしていて、居心地がいい。

あん211
昼間、遺跡見学で疲れたら、昼寝をしよう。

あん212
ただ、高級ホテルなので、ミニバーやミネラルウオーターの値段が高い。
EVIAN 1リットルが5.5ドル。600円もする。高くて飲めない。

スーパーマーケットに水を買いに行く 
あん220
ホテルの部屋の水は、5ドルオーバーで高くて飲めないので、ベルボーイに教えてもらった近所のスーパーに水を買いに行きました。
カンボジアらしいものがないかなあとみていたら、ローカルビールが・・・。

あん222
ホテルの部屋に入ったとき、「ビーチサンダルを持ってくるのを忘れた・・」と、気が付いた。
海外旅行では、シャワーを浴びた後、部屋の中を歩くのにビーチサンダルが必要。いつもはもってくるのだが、今回は忘れてしまったので、現地調達。

あん221
水は、ローカルブランドを。
おやつに、「バナナチップ」を、買ってみました。 この「バナナチップ」がものすごくおいしい。
お土産候補、ナンバー1です。

まち歩き 
あん400
ホテルは、レストランや市場等に、歩いて行けることを重視したので、便利な場所にあります。
近所を散策して、軽くごばん。

カンボジアで、ごはん 
あん300
海外旅行で楽しいのは、その地方でしか飲めないビールを楽しめること。
ここでは、そのまま「アンコールビール」。

あん310
カンボジアは、「ごはんが、おいしくない」というのが、よく聞く言葉。
自分も、プノンペンに行ったときに、「カンボジアは、ごはんがまずい」と実感しました。

それであまり期待しないで、「ベトナムで食べられるものを、カンボジアで食べたら、どうちがうかな」と、興味がわいてきました。
それで、注文した料理が、右下の「揚げ春巻き」1ドル。 マンゴーサラダ3ドル。どちらもベトナムでもよく食べる料理です。

あん311
揚げ春巻き。 1ドルだが予想以上においしかった。ベトナムのチャーヨーとは、全然違う。
日本で食べる揚げ春巻きに近い味。

あん312
マンゴーサラダ。これもいい味。 サラダだが豚肉も入っていますが、これもおいしかった。

まだ初日なので、あんまりよくばらず、軽くまち歩きをしたあとは、マッサージを。
60分で9ドルのオイルマッサージを。 ベトナムと同じくらい安い。

明日は、世界遺産の「アンコールワット」を、見に行きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

16カンボジア(アンコールワット) | 22:30:37 | コメント(0)
カンボジアリンク集(アンコールワット)
来週、カンボジアに旅行へ行くので、その時に使うリンク集。

アンコールワットを見ながら、カフェでまったりとしたり、ローカル市場で疲れたら、冷房の効いたカフェで現地情報を調べるためのページです。

随時、追加。

 <カンボジア料理> 

➀ カンボジア料理 WIK
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%96%99%E7%90%86

② カンボジア料理10選
http://travel.cnn.com/explorations/eat/outlook-cambodia/10-cambodian-dishes-youve-got-try-819973/

③ 東南アジアの料理
http://sekai-issu.com/food_asia.html


 <アンコールワット観光> 

➀ アンコールワットの見学ルート(旅行会社 参考資料)
http://find-travel.jp/article/3979
アンコールワットは他の遺跡と違い、西向きなので、午後に行くと順光できれいな写真が撮れる。

② アンコール遺跡群 旅のプランニング
http://www.pitt.jp/cityinfo/angkor-planning.php



 <カンボジア全般> 

➀ カンボジアの通貨レート 地球の歩き方
http://www.arukikata.co.jp/country/asia/KH_general_2.html

②カンボジアの歴史
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

<ベトナムが恋しくなったら>

① ベトナムの歴史
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

② ベトナム語
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E8%AA%9E



にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)          

16カンボジア(アンコールワット) | 23:49:12 | コメント(0)
カンボジアに、アンコールワットを見に行きます
月曜日で学校の授業が終わったので、カンボジアにアンコールワットを見に行きたい。
と思って、昨日、航空券とホテルを予約して、来週、カンボジアに旅行に行くことになりました。

ホーチミン市からは、アンコールワットに行きやすい。
バスでも行けるが時間かかるので、飛行機で行くことにしました。

 <航空券> 
航空券が思った以上に高かった。ネットでベトナムエアーで調べたら、700万ドンする。3万5千円。
でも内訳をよく見ると、「税、サービス料」が高い。
「出入国税」「空港使用料」等で、209万ドンも追加されていて、航空券は500万ドンでも計700万ドン。

フォングーラオ通りにある、ベトナムエアーヘッドオフィスに行って、昨日購入できました。
655万ドン。ネットで買うよりここのほうが安いし、その場で「Eチケット」を手渡ししてくれるので、最近は航空券を購入するときは、いつもここです。

税金等を除くと、往復で450万ドン=22,000円くらいなので、片道1万円ちょっとです。
教訓:ベトナムからアンコールワットの航空券は、税金が高い。

9月26日(月) SaiGon 11:45 → Siem Reap 13:05
9月30日(金) Siem Reap 13:55 → SaiGon 15:00


4拍5日にしました。土日は混むので、月~金の平日に。
片道1時間ちょっとで行けます。近くて便利で、ベトナム人にも人気の海外旅行先です。
2泊3日のツアーだと朝8時の早朝発、夜10時の深夜着が多いが、自分は昼間の楽な時間です。

今回、アンコールワット見に行っておもしろかったら、来年は、バスで12時間で行ってみたい。
ホーチミン→プノンペン 6時間
プノンペン→シェムリアップ 6時間

 <ホテル>  
ベトナムやカンボジアは、「ホテルが安い」ので、旅行しやすい。
自分は、よく旅行に行くので、ネットで事前に予約していきます。そして、使用しているサイトからお得な情報も届きます。
今回は、★★★★★のホテルに、4拍することにしました。

通常、2万円の5つ星のホテルが、75%オフで4700円になっていたので、そこを予約。
4拍で2万円です。1泊5千円で5つ星のホテルに泊まれるのが、カンボジアの魅力です。
こんなに安く5つ星だったら、4拍ではなく、あと2泊くらいしてもよかった。

 <ビザ>  
カンボジアビザ
カンボジアは、ビザが必要です。
空港でシングルビザを取れますが、そのたびに、パスポートにビザシールが貼られるのが、すごくいや。
なぜなら、貴重なパスポートの1ページが、ビザで使用されるので。
ベトナムからしょっちゅう、外国に行くのですぐにパスポートがいっぱいになってしまいます。

それで、自分は日本に一時帰国の時に、「3年マルチ カンボジアビザ」を、取得。これでカンボジアに行くたびに30ドルもはらってビザを取る必要がありません。

 <持って行くといいもの>  

➀ 軍手
遺跡は、階段をよく上る。しかも急な階段が多いので、手すりにつかまらないと怖い。
その手すりは汚れていることが多いので、軍手を持って行くといいです。
手すりで手にけがをするのも、防げるし。

② 懐中電灯
アンコールワットの後ろから、日が昇るのを見る「朝日鑑賞ツアー」が有名。
夕日鑑賞も人気がある。
それらに参加するときは、暗い中を歩くので足元を照らす「懐中電灯」が、必需品。

③ 日傘とうちわ
ベトナムで暑いのには慣れているが、遺跡は、「日陰がない」。
日傘を差しながら、うちわであおぐ。

軍手と懐中電灯が持っていないので、今日は200円ショップ(4万ドンショップ)にでも、買いに行こう。

かん01
今日、買ってきました。
懐中電灯は簡単に見つかりましたが、「軍手」がない
手袋を探していると伝えても、「屋台でおばちゃんが大量の皿を洗う時に使う、ビニールの手袋を、案内されたり・・・。

どうにかパスター通りの、TOKU TOKU YA でみつけました。
近くの、HACHI HACHI 、では、見つけることできませんでした

現地で使うリンク集 

➀ 地球の歩き方 カンボジア
http://www.arukikata.co.jp/country/asia/KH_general_2.html





にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ⇔ ランキングに参加中
  ↑  ↑  ↑
あなたからもらったクリックが、ランキングに影響します ♪♪  
(ベトナム情報とホーチミン情報に按分しています)         

16カンボジア(アンコールワット) | 12:02:59 | コメント(0)

FC2Ad